いよいよ2010年に突入し、新たな10年代も幕を開けたが、2000年~2009年の10年間で最もレコードを売ったアーティストのランキングがアメリカの音楽ソフトの売り上げ調査会社、サウンドスキャンから発表された。

まずはアーティスト別のランキング。

1位 エミネム 31,127,000枚
2位 ザ・ビートルズ 27,591,000枚
3位 ティム・マッグロウ 24,295,000枚
4位 トビー・キース 24,189,000枚
5位 ブリトニー・スピアーズ 22,937,000枚
6位 ケニー・チェズニー 21,396,000枚
7位 ネリー 21,206,000枚
8位 リンキン・パーク 21,125,000枚
9位 クリード 20,398,000枚
10位 ジェイ・Z 19,379,000枚

堂々の1位となったのは唯一3千万枚の大台に到達したエミネム。白人ラッパーの彼がここまでの活躍を果たしたことは、2000年代を象徴する一つの現象だった。しかし2位にビートルズがつけていることは、やはり彼らが相変わらずロックにおける偉大な存在だと言うことを示している。3位、4位、6位にカントリー・ミュージックのアーティストが入っていることは、アメリカらしい結果と言えるか。新世代のロック・バンドとしては8位のリンキン・パークが最高位となった。

続いてアルバム別のランキングを見てみよう。

1位 ザ・ビートルズ「ザ・ビートルズ1」 11,499,000枚
2位 イン・シンク「ノー・ストリングス」 11,112,000枚
3位 ノラ・ジョーンズ「ノラ・ジョーンズ」 10, 546,000枚
4位 エミネム「ザ・マーシャル・マザーズLP」 10,204,000枚
5位 エミネム「ザ・エミネム・ショウ」 9,799,000枚
6位 アッシャー「コンフェッションズ」 9,712,000枚
7位 リンキン・パーク「ハイブリッド・セオリー」 9,663,000枚
8位 クリード「ヒューマン・クレイ」 9,491,000枚
9位 ブリトニー・スピアーズ 「ウップス!…アイ・ディド・イット・アゲイン」 9,185,000
10位 ネリー「カントリー・グラマー」 8,461,000枚

1位を射止めたのは2000年にリリースされたビートルズの決定版ベストとも言える「ザ・ビートルズ1」。2位のイン・シンクも2000年のリリースで「ノー・ストリングス」は同年の一番売れたアルバムとしてギネス・ブックに7も載っているが、「ザ・ビートルズ1」はビートルズの入門作品として息の長いヒットとなったため、10年単位での売り上げはイン・シンクを上回った。アーティスト別で1位になったエミネムはただ一人で2枚のアルバムをランク・インさせている。女性アーティストでは2000年代最強のアイドルとしてヒットを連発したブリトニー・スピアーズだが、シングル“ドント・ノウ・ホワイ"の大ヒットで第45回グラミー賞の主要部門を総なめにしたノラ・ジョーンズも強かった。

さて次の10年間が終わる頃、このリストにはどんな名前が並ぶのだろうか?

◆クロスビート最新号(オフィシャルサイト)