サウンドガーデンが再結成に向け、動き出したようだ。2009年末、バンドのオフィシャル・サイト(Soundgardenworld.com)およびクリス・コーネルのTwitterページに「12年の休止期間は終わり、セッションに戻った」とのメッセージが掲載された。

現在のところ、それ以上のことはわからないが、オフィシャル・サイトではメーリング・リストの募集も開始されており、間もなくリユニオンの実態が明らかになるものとみられている。

サウンド・ガーデンは1996年に5thアルバム『Down On The Upside』をリリースした後、1997年4月に解散を宣言。2009年3月にレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのギタリスト、トム・モレロの公演でキム・セイル(G)、マット・キャメロン(Dr)、ベン・シェパード(B)でリユニオンを果たすものの、フロントマンのクリス・コーネルは参加しなかった。が、10月に行なわれたパール・ジャムのコンサートでコーネルを含む4人が顔をそろえたことで、最近リユニオンの可能性がささやかれていた。

2008年の夏までは再結成の噂を否定していたコーネルだが、今回は自身のTwitterにメッセージを掲載しているだけに、彼が参加するのは間違いないだろう。コーネルは先のメッセージの後に「サウンドテーブルの騎士たちが再び走り出す」と付け加えている。

Ako Suzuki, London