マライア・キャリーは、タンパク質と炭水化物は一緒に取らないよう心がけている。マライアは自分の食事をチェックし、栄養バランスに気を使い、定期的な運動もかかさないという。

「私の食事は油やバターをあまり使っていなくて、タンパク質とは別にでんぷん質を取るの。もしご飯があれば、お肉は一緒に取らないわ。あと、水中エアロビクス、水泳、それからピラティスも行なうわ」。

ボリュームのある身体のマライアだが、サイズ0の服を着られる程細くなる事は出来ないとわかった時に、自分のカーブのかかった体を好きになる事を学んだそう。「誰でもそれぞれ無理のない体型でいる事が一番よ。私は今の自分のサイズに満足しているわ。サイズ0ですって?私のお尻と胸の大きさじゃありえないわ」。「元々そういう体質でない限り、サイズ0は健康的じゃないわ。そのサイズになる為に餓死するなんて、そんなの現実的じゃない。もし社会が色んな体型を受け入れる事が出来ればいいんだけど、実際には明らかにそうじゃないわよね。」

BANG Media International