『スチームボーイ』『FREEDOM』のチームが手がけ、世界各国の映画祭で賞賛を浴びている劇場アニメ『いばらの王 -King of Thorn-』の主題歌が、MISIAに決定した。

◆『いばらの王 -King of Thorn-』予告編

片山一良監督からの「希望を感じさせる、力強い歌を歌える女性歌手を」という方向性のもと「彼女しかいない」と映画製作スタッフ全員一致でMISIAへの熱烈なオファーしたものだ。


楽曲はMISIA自身が作詞も手がけた新曲「EDGE OF THIS WORLD」。MISIAは「何を信じて何を願うか。それは、人生の道標になりうることだと思います。そして、どんな願いが本当の力を持っているのか。歌の中で歌うその問いへの答えは、この映画と同じような気がしています。『EDGE OF THIS WORLD』とは、私たちそれぞれが、人生の最後まで抱いていく願いや夢が辿り着く場所という意味で表現した言葉です。映画の主人公達の願いや皆さんの願いとリンクしながら、心に届くと嬉しいです。」とコメントを寄せている。

MISIAが綴った歌詞に触れた片山監督をはじめとしたスタッフ全員は、「この映画の本質を、これ以上ない位に掴んでくれている」と、驚きの声を上げているという。

5月1日公開の劇場アニメ『いばらの王 -King of Thorn-』の劇場前売り券(税込1300円)が発売となり、特典として「岩原裕二描き下ろし 海外コミック版逆輸入B2ポスター」が付くという。フランス版のコミック用に描かれた本邦初公開のアイテムとなるもので、ファンの話題も呼びそうだ。

(C)YUJI IWAHARAPUBLISHED BY ENTERBRAIN, INC.Team IBARA