サイモン・コーウェルのハイチ救済シングルがすでにイギリスのダウンロードチャートでトップに躍り出た。このR.E.Mのカバー曲「エブリバディ・ハーツ」にはロッド・スチュワート、シェリル・コール、ロビー・ウイリアムス、カイリー・ミノーグなどが参加し、曲は2月8日に発売され、14日の日曜日のイギリストップ40位の1位になる事は確実視されている。

曲の出だしを担当したレオナ・ルイスは「参加出来てとっても光栄よ。レコーディングは大変だったけど、この曲でハイチへの希望や多くの人がもっと被災地の事を考えてくれれば良いなと思うわ」と、この曲に対する思いを語った。この曲の全ての利益はハイチ救済のため寄付されることになっている。また、著作権をもっているR.E.Mもこのシングルに関する印税を放棄し、イギリス政府もシングルに付加価値税を加算しない事を表明している。

HMVの広報ジェナロ・カスタルド氏は「『エブリバディ・ハーツ』はこれから数週間チャート上位に食い込むでしょう。ここ10年で久しぶりに大物たちが集まった曲ですからね。曲は今日1日1番ダウンロードされた曲ですが、この曲が1位になるかはまだわかりませんね。私どもはこの曲が沢山売れるように努力はしています」と、曲の好調な売れ行きを語った。

ここ10年間で最も売れたシングルはウィル・ヤングのデビュー曲『エヴァーグリーン』でイギリスの公式チャートによると180万枚を売り上げたという事になっている。イギリスの『Xファクター』の優勝者ジョー・マックエルダリーもこの曲をみんなに買ってもらうよう呼びかけている。「この曲がハイチの人々を助けるすべになって欲しい。だから、ほんとうに心からお願いするから、この曲を買ってください。出来るだけ多くの助けをハイチの為に行ないましょう。」

BANG Media International