ケミカル・ブラザーズがバンド活動復活を宣言した。18ヵ月にもわたり活動停止をしていた彼らだが、5月20日、21日に予定されるロンドン公演を皮切りに、6月19日にはスペインで行なわれるソーナー・フェスティバルにも出演がきまっている。

エド・サイモンとトム・ローワンドは、自身のステージ・パフォーマンスが健康を害することを心配して、2007年のアルバム『ウィー・アー・ザ・ナイト』のプロモーション・ツアーを最後に長期休暇を取っていた。

「ステージで音楽を演奏することは、楽しいと思っている。だけど僕たちの音楽はとにかくうるさい。だから、聴覚障害などを起こして健康を害するんじゃないかって、常に今でも心配している。耳鳴りがいつもしているんだ」。

ロンドンのラウンド・ハウスで行なわれる5月のショーのチケットは、2月12日の朝9時から発売される予定となっている。

BANG Media International