日本時間の2月13日(土)、全世界が注目する中バンクーバー・オリンピックが開幕した。氷上、雪上の熱き競技もさることながら、やはり一大アトラクションでもある開会式も注目のひとつ。日本でもテレビ生中継が25.4%の視聴率(ビデオリサーチ社調べ)を記録する注目度であったが、その開会式で一躍注目を集めたのが、オープニングの国旗掲揚時にカナダ国歌「オー・カナダ」を歌った、16歳の天才シンガー、ニッキーだった。

◆ニッキー画像

可憐なルックスながら大人顔負けの堂々たる歌唱力で観客を圧倒し、現在彼女のもとには、世界中のメディアから取材依頼が殺到している状況になった。

ニッキーは、カナダ・モントリオール出身。2006年の地元モントリオール・ジャズ・フェスティヴァルにて、10万人の観客を前に史上最年少12歳で鮮烈なデビューを飾り、13才になった2007年には、ダイアナ・クラールやハービー・ハンコックの在籍するアメリカのジャズの名門レーベル「ヴァーヴ」史上最年少の歌手として、ジャズ・ヴォーカルの女王エラ・フィッツジェラルドのトリビュート・アルバム『ウィ・ラヴ・エラ』に参加。

2008年9月には、2007年のエラ・フィッツジェラルドに捧げたコンサートを収録したライヴ盤『ニッキ・デビュー~エラへ捧げるスウィング』を自主制作で発売、日本でも2009年7月にリリースとなったこの作品は、当然のようにカナダで大ヒット。カナダ版グラミー賞「Juno Nomination」で2部門にノミネートされ、こちらも史上最も若い候補者となった。リリース時彼女は15歳になっていたが、アルバムの音源は当時13歳の時のパフォーマンスを収めたものである。

クインシー・ジョーンズをして「彼女は天からの贈り物。間違いなく前世がある」と言わしめた歌唱力は、もはやカナダ国内にとどまらず世界から一身に期待を集める存在となった。2010年5月には世界デビュー・アルバム『Nikki(仮)』のリリースを待つ状況にある。

彼女のために、過去グラミー賞33回ノミネート、14回受賞の大御所フィル・ラモーンと、ノラ・ジョーンズの大ヒット曲「ドント・ノウ・ホワイ」の作者として有名な売れっ子ジェシー・ハリスとの豪華タッグがプロデュースを果たし、発売前からその期待は大きい。このアルバム発売に先駆け、ニッキーが唄うカナダのテレビ局のバンクーバーオリンピック・キャンペーンソング「アイ・ビリーブ」のeSingle(配信シングル)がカナダiTunesで先行配信されており、現在全ジャンルのTOP SONGチャートで1位を独走中だ。

2010年を震撼させる天才シンガーは、このニッキーなのだ。