初音ミクでYMO楽曲をカバーし大きな話題となった初音ミクオーケストラだが、制作者の“HMOとかの中の人。(PAw Lab.)”が、YMOに続き今度は大瀧詠一をカバーするという。もちろん歌うは初音ミクだ。

カバーするのは大瀧詠一の「あつさのせい」。これは3月21日に発売となる『オムニバス1 ~大瀧詠一ファーストアルバム カバー集 (1982~2010)~』に収録される。

このオムニバス・アルバムは、1972年にはっぴいえんど在籍時に発表された名作『大瀧詠一(ファースト)』を、豪華アーティスト達によって曲順もそのままに丸々カバーするというカバー企画でリリースされるもの。ここには初CD化となる西田敏行のライブ・バージョンといった有名な既発楽曲に、小島麻由美、カジヒデキ、CHiP SHOP BOYZ & カコイミク、曽我部恵一…といった面々の新録音源が集結しており、その中のひとつがHMOとかの中の人。(PAw Lab.)による「あつさのせい」ということだ。

ジャケットも大瀧詠一作品を多数手掛けている中山泰によるアートワークで、オリジナル『大瀧詠一(ファースト)』を髣髴とさせるデザインがうれしい。38年もの時を経て、新生代アーティストによるリスペクト・アルバム、期待の作品である。

『オムニバス1 ~大瀧詠一ファーストアルバム カバー集 (1982~2010)~』DDCB-12340
2010年3月21日発売
DDCB-12340 \2,300(税込)
※初回限定三方背仕様(スリップケース入り)
1.おもい / 湯川潮音
2.それはぼくぢゃないよ / 怖+高田渡
3.指切り / Smooth Ace
4.びんぼう / 曽我部恵一
5.五月雨 / Tokyo's Coolest Combo
6.ウララカ / 桑名晴子
7.あつさのせい / HMOとかの中の人。(PAw Lab.)
8.朝寝坊 / 小島麻由美
9.水彩画の町 / CHiP SHOP BOYZ & カコイミク
10.乱れ髪 / 内野誠人(スウィングアウトブラザー)
11.恋の汽車ポッポ第二部 / カジヒデキ
12.いかすぜ!この恋 (Live Version) / 西田敏行