大塚 愛が絵本作家としてデビューすることが明らかになった。大塚 愛初の絵本『ネコが見つけた赤い風船』が、3月31日に講談社より発売される。

◆大塚 愛『ネコが見つけた赤い風船』の絵、最新アーティスト画像

そもそもは、大塚 愛がアーティストデビューする直前の2003年の夏に、デビュー音源やヴィジュアル資料とともに所属レーベル会社の宣伝担当者が、出版社の担当に、彼女が書いたという手書きのイラスト資料を見せたのがきっかけ。何点もある手書きのイラストともに、そこには短いメッセージも添えられおり、その温かみのある絵と文字、短い言葉の中に込められているメッセージ性の深さに、出版社の担当者は一瞬にして心を惹きつけられたのだという。

今回の絵本は、2005年7月にリリースされた大塚 愛9枚目のシングル「ネコに風船」が原案。大塚 愛自身の「いつか絵本にしたい」という想いが、約5年の歳月を経て実現した。またこの絵本は、世界観やメッセージ性を強く持った内容となっており、子供のみならず大人が読んでも心に響くものを目指して制作されている。

「絵本を描くのは初めてのことだったので、たくさん規定があることに驚きました。もともと色塗りは苦手なのですが、今回制作してみて、改めて難しいなと感じました。その日の状況やその時の状態により、自分が受けるインスピレーションが異なる為、同じ絵は二度と描けないので、清書はほぼ一発描きです。とても緊張感のある作業でした。」── 大塚 愛(絵本制作に関して)


絵本の構成、イラスト、文章は大塚 愛自らの手による。イラストおよび文章は手書きにこだわり、より温かみのある仕上がりを目指した。また、本書の原案となっている「ネコに風船」リリース後に、大塚がオフィシャルサイト内で、同名の短編小説を書いたものが絵本のプロットとなっている。

「誰だって幸せになりたいと願う中、目には見えないものだから時に求めすぎて 自ら失ってしまうことに気付いて、今ある幸せをふくらませ、誰かにあげられる優しい人になれたら、きっと それは ステキな『愛』の始まりだと思います。そして、その時初めて、幸せだと感じ、願いが叶うような気がします。絵本を初めて描かせていただいて、難しさとともに、とても楽しく感じました。また今後も、このような機会があれば描ければと思います。」── 大塚 愛

今後は、絵本『ネコが見つけた赤い風船』の原画をベースに、大塚 愛のクリエイティヴを展示する原画展を4月下旬に都内で開催することを予定している。

一方で、アーティスト・大塚 愛としては、2009年9月12日に日比谷野外音楽堂にて、未曾有の大豪雨の中開催された<LOVE IS BORN>ライヴのDVD『大塚 愛【LOVE IS BORN】~6th Anniversary 2009~+Documentary film』を3月17日にリリース後、4月には約1年2ヶ月振りのシングル「ゾッ婚ディション/LUCKY☆STAR」のリリースが予定されている。「ゾッ婚ディション」は『アサヒ Slat(すらっと)』のTVCMソング。一方の「LUCKY☆STAR」は『フジテレビ系 バンクーバー 2010中継』テーマソングとしてオンエア中だ。

◆大塚 愛、6周年&バースデーライヴ【LOVE IS BORN】画像@2009.09.12 日比谷野音(大豪雨の中のライヴの様子)
◆大塚 愛 オフィシャルサイト
◆iTunes Store 大塚 愛(※iTunesが開きます)