徳永英明の大ヒットシリーズ『VOCALIST』のラスト作品『VOCALIST 4』が、4月14日にリリースされることが明らかになった。

◆徳永英明の最新アーティスト画像、シングルジャケット画像

昨今の日本音楽シーンの中で、空前のブームとなっているのがカヴァー作品。このカヴァーブームの火付け役と言っても過言ではないのが、徳永英明の『VOCALIST』シリーズだろう。徳永英明が女性アーティストの名曲をカヴァーするというコンセプトで制作された本シリーズは、第1弾『VOCALIST』が、2005年9月14日にリリースされ130万枚の売上を記録。2006年8月30日リリースの『VOCALIST 2』は120万枚、2007年8月15日リリースの『VOCALIST 3』は150万枚、2008年4月9日にリリースされた、1~3をまとめたBOXセット『VOCALIST BOX』は20万枚の売上と、シリーズ累計で460万枚(BOXは1BOXにつきアルバム3枚で換算)を誇る。まさに“モンスターシリーズ”ともいえる作品群だ。

4月14日リリースの最新作『VOCALIST 4』には、3月31日に先行発売されるシングル「時の流れに身をまかせ」(ご存じ、テレサ・テンの1986年リリースの作品)や、そのカップリングに収録される、松田聖子が1982年にリリースした「赤いスイートピー」とJUJUの2008年リリース作品「やさしさで溢れるように」など、全13曲をカヴァーを収録予定。毎回世代を超える絶妙な選曲も話題になっているだけに、これから随時発表されているであろう他の収録楽曲の情報にも注目が集まるはず。なお、本作『VOCALIST 4』にてシリーズは完結。つまり本作品が最後の『VOCALIST』アルバムとなる。

ちなみに現在もアルバムレコーディングは続いており、絶賛制作中のこのアルバムについて徳永は、「進化した『VOCALIST 4』をぜひ聞いてください!」と熱い意気込みを語っている。

◆徳永英明 オフィシャルサイト
◆徳永英明 レーベルオフィシャルサイト
◆iTunes Store 徳永英明(iTunesが開きます)