ToshI自らが全曲を書き下ろしプロデュースした限定CD『武士JAPAN(さむらいジャパン)』は、この10年歩んできた人生、そして現在の心境を本音で綴った作品であり、それはToshIの完全復活と新たな一歩を決意・約束する作品であった。

この『武士JAPAN』のリリース日が2月24日であり、その意思を目に見える形でファンに伝えたイベントが、この日に行なわれた<ToshI LAST CONCERT“武士JAPAN”>である。

◆<ToshI LAST CONCERT 武士JAPAN>ライブ画像

本編9曲にアンコール2曲、全11曲は、会場中に染み渡るToshIの声によって赤坂ブリッツの会場を大きく震わせた。感動と涙、そしてフランクなトークによる和やかな笑いをもって、ToshIの完全復帰が会場の1000人に、いや、生中継を通し全国のX JAPANファンにしかと伝わったことだろう。

ライブは、ToshIのソロ作品のみならず、各メンバーのソロ楽曲をもToshIが歌う形で構成されていた。YOSHIKIプロデュースによるライヴではあったが、「ToshIという最高のシンガーを称えよう」とSUGIZOが語ったとおり、メンバーがいっせいにToshIをサポートする愛の結晶がこの日の骨子であった。X JAPANメンバーそれぞれが持つ触れ幅やベクトルの違いが、この日だけは、いっせいにToshIへ向かい、ToshIはその愛を真正面から受け取って、精一杯の歌としてオーディエンスへ打ち放すというコンセプトに見えた。

圧倒的な声、恐ろしいまでの表現力、そして力強い決心…それらが三つ巴になった今、メンバー各々のソロ楽曲でさえ、ToshIはX JAPANのボーカリストとして、心地よい音空間を作り上げて見せた。

結果、<ToshI LAST CONCERT “武士JAPAN”>は、いわばX JAPANのアンプラグドとでもいうべきサウンドとなっていた。ほとんどがアコースティック楽器によるアンサンブルであり、ドラムもなし、もちろん同期ものもなければ、演出という意味ではステージセットも一切の装飾すらない。ただピンスポットが当たるだけのシンプル極まりないステージングであり、文字通り、サウンドのみがオーディエンスを刺激するものであった。

MCでは、「このような小さな会場で小さな音でのパフォーマンスこそ緊張するもの」と言ってはいたが、肩の力が抜け、音を操るミュージシャンとしての素顔が丸出しになったX JAPANと考えれば、極めて異例で特異なパフォーマンスをファンに提供してくれたことになる。虚飾のないすっぴんのサウンドで聴かせてくれたアンコールの「Forever Love」「Endless Rain」には、身を焦がしても伝えぬく元来のX JAPANスピリットが宿っていたように思う。

1991年に<Xと仲間達><静かなX><変なX>と3つのコンセプトを立て、普段では見ることのできないフランクでレアなパフォーマンスを日清パワーステーションで披露してくれた、やんちゃでハチャメチャだけど楽しくてしょうがない彼らの姿が、ふと、この日の彼らにオーバーラップした。

知らない間に絡まっていた足かせや、気付かぬうちに絡み付いていたしがらみ。そして酷使してきた代償とも言える身体や心の傷。そんなさまざまな重みから開放されたときに、初めてふと浮かんでくるような、さわやかな笑顔とこみ上げる涙。そこに注がれた目線を一身に受けてToshIは、最後に深く深くお辞儀をし、そのままじっと感謝の思いを全国のX JAPANファンに募らせていた。

1.ToshI~Solo~(ToshI)
2.Dear LIFE(SUGIZO)
 by ToshI、SUGIZO
3.春の息吹(ToshI)
 by ToshI、SUGIZO、PATA
4.Story of a young boy(PATA)
 by ToshI、PATA、HEATH
5.Eagle Sniper(HEATH)
 by ToshI、PATA、HEATH
6.エアポート(ToshI)
 by ToshI、SUGIZO、PATA、HEATH
7.武士JAPAN(ToshI)
 by ToshI、SUGIZO、PATA、HEATH
8.Unnamed song(ToshI)
 by ToshI、YOSHIKI、SUGIZO
9.雨音(ToshI)
 by ToshI、YOSHIKI、SUGIZO
EN1.Forever Love(X JAPAN)
 by X JAPAN
EN2.Endless Rain(X JAPAN)
 by X JAPAN