約6年ぶりに活動を再開した安全地帯の「蒼いバラ/ワインレッドの心(2010ヴァージョン)」が発売1週目で、3/15付週間シングルランキング9位に初登場した。

◆安全地帯画像

安全地帯のシングルTOP10入りは、1988年9月5日に「微笑みに乾杯」で6位を記録して以来、通算12作目でなんと21年半ぶり。シングルTOP10のインターバル記録としては、ラッツ&スターの12年10ヵ月(1996/5/6付)を抜いてこれが日本人グループ歴代1位。要するに、お久しぶりすぎるぅということだ。

「ファンのみなさま。音楽ファンのみなさま。ホントにありがとうございました。「微笑みに乾杯(1988年8月25日発売/当時:6位)」は、ちょうど30歳になる直前の頃。22年も経っていたのかぁと、びっくりしています。随分とご無沙汰してました!これからは、みなさんの前にしっかり戻って、一層音楽に邁進していきます。7月から始まる全国ツアーで、再び、お会い出来るのを楽しみにしています。安全地帯をよろしくお願いします。」──玉置浩二

本作には「蒼いバラ」と「ワインレッドの心(2010ヴァ−ジョン)」の2曲が収録されている。「ワインレッドの心(2010ヴァ−ジョン)」は、1983年11月に発売され70万枚を超えるヒットとなった「ワインレッドの心」の当時のトラックをベースに、ボーカルとリズム隊を再録音/リアレンジした作品。

完全復活オフィシャルHPでは、安全地帯メンバーからの生のメッセージ試聴、日々更新など、完全復活ぶりが掲載されている。

◆安全地帯オフィシャルサイト