5人組ガールズバンド:放課後ティータイムが、5/10付オリコン週間シングルランキングで1位と2位を独占した。

放課後ティータイムは、4月から放送されている人気TVアニメ『けいおん!』(TBS系)第2期シリーズにて、劇中に登場しているアニメの中のバンドユニットだ。

今回、放課後ティータイムがリリースしたのは同アニメのオープニングテーマ「GO!GO!MANIAC」とエンディングテーマ「Listen!!」の2作で、4月28日に同時発売するや否や売り上げを伸ばし、週間売上は「GO!GO!MANIAC」が8.3万枚、「Listen!!」が7.7万枚というセールスを記録、見事に1位、2位フィニッシュを決めることになった。

アニメのキャラクターが週間シングルランキングで首位を獲得するのは、1968年1月のシングルランキング発表開始以来43年目にして初のこと。しかも、1位と2位を独占という女性歌手の記録は、1970年に「圭子の夢は夜ひらく」「女のブル-ス」の藤圭子、1983年「瞳はダイアモンド/蒼いフォトグラフ」「ガラスの林檎/SWEET MEMORIES」の松田聖子に続く、史上3組目の快挙となる。これも実に26年半ぶりの記録更新だ。

これまでも、テーマソング、イメージソングなどシングルだけで10作もの作品をTOP10内に送り込んできたTVアニメ『けいおん!』だが、いまや音楽作品のみにあらず、彼女たちが愛用している楽器から着ている服や登場するアクセサリーなど、幅広いアイテムが現実の市場を賑わせている。もちろん彼女たちが歌う作品のバンドスコアも出版され、その人気はなおも拡大中だ。

桜高軽音部を舞台に、音楽活動を行なうガールズバンドを追うストーリーだが、楽器店での描写や演奏シーンでのちょっとしたディテールに、驚くほどのリアリティや経験者こそがほくそ笑むようなエッセンスが凝縮されており、老若男女をずるっと引き込むパワーとクオリティが堪能できるアニメでもある。

放課後ティータイムは、ギター、ボーカル:平沢唯(豊崎愛生)、ベース、ボーカル:秋山澪(日笠陽子)、ドラム:田井中律(佐藤聡美)、キーボード:琴吹紬(寿美菜子)の桜高軽音部4人に、新入部員のギター:中野梓(竹達彩奈)を加えた5人組バンド。2009年7月にリリースとなった2枚組ミニアルバム『放課後ティータイム』では、マイケル・ジャクソンのベストアルバム『キング・オブ・ポップ ─ジャパン・エディション』をおさえ、アニメキャラクターとしてシングル、アルバムを通じて史上初の首位を獲得していた。

(C)かきふらい・芳文社/桜高軽音部