フジテレビ系『ドラゴンボール改』のエンディング・テーマとしてオンエア中の「心の羽根」を7月21日にリリースしたチームドラゴン from AKB48が、8月11日(水)東京ドームシティ シアターGロッソで開催されたイベント<みんな集まれ! ドラゴンボール改ミーティング>に出演。同オープニング・テーマ「Dragon Soul」を歌う谷本貴義、そして孫悟空と孫悟飯の声を担当する声優・野沢雅子とともに、約7万件の応募の中から選ばれた700人のファンを沸かせた。

◆チームドラゴン from AKB48画像

このイベントは、「心の羽根」CD購入者を対象にしたもので、約7万件あった応募の中から抽選で選ばれた700人が参加できた、超プレミアムなもの。チームドラゴン from AKB48のメンバーがステージ上に登場し、「みなさんとお会いできてうれしいです!」「ほんとに、みなさんのおかげで、オリコン1位をとることができました! ありがとうございます!」といって深々と頭を下げると、場内は温かな拍手と歓声に包まれた。

さらに、「オラたちの新しい仲間、チームドラゴンを応援に来たぞ!」と、『ドラゴンボール改』の主人公・孫悟空と孫悟飯が颯爽と登場。続いて、オープニング・テーマ「Dragon Soul」を歌う谷本貴義が同曲を歌唱するバックで、チームドラゴンのメンバーたちが♪ドッカンドッカン~と歌詞に合わせて声援を送るなど、和やかなムードでイベントは進んだ。

途中、『ドラゴンボール』にちなんで、「神龍(シェンロン)にかなえてほしい願い事は?」と質問された場面では、チームドラゴンのメンバーたちはそれぞれに自由な回答を繰り広げ、会場を盛り上げた。

柏木由紀:海外に行きたいです。……(ドラゴンボールを)7つ集めた時点でけっこう(世界中を)まわってるのかな(笑)。みんなを引き連れて海外旅行です。

板野友美:いまの自分では思いつかない、考えられないくらいの幸せが欲しいです。

渡辺麻友:アニメが大好きなので、二次元の世界に行ってみたい。

前田敦子:何ヶ国語も話してみたいです。

高橋みなみ:なんであるのか分からない、噴水のある家に住みたい(笑)。

大島優子:みんなと共有できるものがいいと思うんですけど……あと10センチくらい身長が欲しい(笑)。

小嶋陽菜:人見知りなので、目が合ったらすぐ友達になりたい(笑)。

また、事前に行なわれていた『ドラゴンボール改』のアフレコ・オーディションで見事頂点を極め、オンエアの座を勝ち取ったメンバーとして名前が発表された高橋みなみは、「(ドラゴンボールの声優陣が)全員そろっていて公開処刑のようでした(笑)」と大役のプレッシャーを感じながらも、「パラダイスでした!」と大の『ドラゴンボール』ファンらしく、アフレコ収録時の様子を振り返っていた。

そんな高橋をはじめ、チームドラゴンのメンバーたちに野沢雅子は、「私としては、(今回のアフレコ・オーディションで)誰が選ばれてもおかしくないくらい、本当にみんなビックリするくらい巧かった! プロの新人でも難しいのに、ちょっとヒントをあげるとすぐにできるようになったのはすごい!」と絶賛。さらに、落選したメンバーたちの悔しさを察してか、悟空(の声で野沢雅子)が「地球にはスゲェやつらがいっぱいいるんだ!」と激励の言葉をかけると、メンバーの顔から笑顔がこぼれ落ちた。

この後、イベントは野沢雅子レクチャーのもと、場内一体となっての“カメハメ波”に続き、AKB48から北原里英、小森美果、指原莉乃、佐藤すみれ、前田亜美が応援に駆けつけ、「ヘビーローテーション」、「会いたかった」、「ポニーテールとシュシュ」を歌唱。そして「AKB48が歌うことで、もっともっとドラゴンボールを好きになってくれる人が増えてくれたらうれしい。私たちも、ドラゴンボールを、もっともっと盛り上げていきたいです!」といって、イベントを締めくくった。

◆コロムビア オフィシャル・サイト