T.M.Revolutionの西川貴教が、9月18日(土)、19日(日)2日間にわたって故郷・滋賀県で大型野外ロック・フェス<イナズマロック フェス 2010>を開催した。

◆<イナズマロックフェス 2010>9月18日(土)【画像】
◆<イナズマロックフェス 2010>9月19日(日)【画像】

2日間で合計3万人を動員したこのフェスは、2008年に「滋賀ふるさと観光大使」に就任した西川が「音楽を通じて地元に恩返しがしたい」と話したことから2009年に実現したもの。そして地元からの熱い要望もあり、2009年に引き続き2年連続の開催となった。

晴天に恵まれた琵琶湖畔の草津市・鳥丸半島芝生広場には、琵琶湖を背に巨大なメイン・ステージが組まれ、ライヴ・エリア周辺に設けられた入場無料エリアには滋賀のご当地グルメや物産が並び、全国から「ゆるキャラ」が集まるイベントも行なわれた。

そしていよいよ18日(土)正午。ライヴ・エリアの開場とともに、ステージでは地元のラジオDJによる「イナズマロック フェス 2010ラジオショー」がスタート。オープニン・グアクトにはIMALUが登場し、2010年デビューしたばかりとは思えない堂々としてステージを見せた。「イナズマロック フェス 2010、スタート!」という嘉田由紀子滋賀県知事による開会宣言に続いて、2010年10月末での無期限活動休止を発表した大黒摩季が登場。「チョット~DA・KA・RA~あなただけ見つめてる」というヒットナンバー・メドレーなどでパワフルなステージを見せた。

9月22日にニュー・アルバム『未来の地図』をリリースするTHE イナズマ戦隊は「応援歌」「合言葉~シャララ~」など、パンチのある楽曲とパフォーマンスを披露した。多くのロックフェスに出演しているORIGINAL LOVEは田島貴男の弾き語りによる「プライマル」「接吻」などヒットナンバーをプレイ、最後は「ボラーレ!」で客席の大合唱に送られてステージを後にした。

続いてはTETSUYAが、ニュー・シングル「LOOKING FOR LIGHT」、11月にリリースする「lonely girl」など全5曲をプレイ、ポップでカラフルなステージングで会場を盛り上げた。2年連続出演となる滋賀県出身のバンドUVERworldは「GOLD」、9月15日にリリースされたばかりのシングル「クオリア」など9曲を披露した。

それぞれのアーティストのステージ転換の間は、滋賀県草津市出身のお笑い芸人・ムーディ勝山やお笑いコンビ・バッドボーイズ、芸歴40年を迎えた海原はるか・かなたや滋賀県出身のお笑い芸人・野性爆弾がネタを披露。ラジオ番組『ゴチャ・まぜっ!』『イマドキッ』の公開録音なども行われた。ステージトリを飾ったのは西川がヴォーカルをつとめるバンドabingdon boys school。昨年リリースのシングル「キミノウタ」から始まり、「JAP」などで激しいステージを見せ、「蒼焔-SOUEN-」ではUVERworldのTAKUYA∞、克哉、彰も加わってのセッションで客席を湧かせた。ほかにも「From Dusk Till Dawn」など全8曲をプレイ、西川は何度も「この瞬間を迎えられるのも、集まってくれた人とスタッフのおかげ」と感謝を述べた。アンコールとして披露された黒夢のナンバー「少年」では、黒夢のボーカル清春がゲスト出演。途中で西川の衣装が破れるハプニングがありながらも、ラストソング「Fre@K $HoW」で熱いライブは無事に終了した。

そして19日は、西川貴教40歳の誕生日。

オープニングアクトは2006年にデビューし、今年7月にニュー・アルバム『エンジン』をリリースしたジンがエネルギッシュなステージを展開。橋川渉草津市長による開会宣言のあとは、9月22日にニュー・アルバム『RULE』をリリースする土屋アンナのライヴ。

CMソングでおなじみの「HEY YOU!」をはじめ、「Brave vibration」など存在感のあるクールなパフォーマンスを見せた。9月15日にニュー・アルバム『花菜~My Favorite Things~』を発表したばかりの植村花菜は、約10分の名曲「トイレの神様」をその目にうっすら涙を浮かべ歌った。

DAIGOがヴォーカルをつとめるバンドBREAKERZは、「SUMMER PARTY」「灼熱」などを披露、オーディエンスを熱く盛り上げた。次いで1日目のステージにもゲスト出演した清春率いるバンド、サッズが登場。7月7日にリリースしたアルバム『THE 7 DEADLY SINS』からのナンバーを中心に全10曲をプレイ。ダークで激しいステージを展開した。

続いて登場したのは、フェス参加が発表された時から話題となっていた郷ひろみ。「2億4千万の瞳~エキゾチック・ジャパン~」「お嫁サンバ」「GOLDFINGER 2001」など、歌でダンスで、そしてトークで魅せるノンストップのパフォーマンスに、客席からは大きな歓声があがった。

この2日目のステージには、セットチェンジの間にサンリオピューロランドから駆け付けたHELLO KITTY、大阪出身のお笑いコンビTKO、関西を中心に活動する若手お笑い芸人のウーマンラッシュアワー、ガリガリガリクソンも出演。1日目同様、ラジオ番組『ゴチャ・まぜっ!』『イマドキッ』の公開録音も行なわれた。

そして2日間の大トリを飾るのは、この日に誕生日を迎えたT.M.Revolution。ライヴは、8月11日にリリースした最新シングル「Naked arms」でスタート。「蒼い霹靂」「WHITE BREATH」と立て続けにアッパーなナンバーをプレイした後、新曲「Pearl in the shell」を披露。ここでT.M.Revolution の作曲・編曲を担当する浅倉大介がおよそ10年ぶりにT.M.Revolutionのライヴに出演するというサプライズな演出もあった。

後半は「Zips」「魔弾~Der Freischutz~」などアップテンポなナンバーがノンストップで続き、客席を興奮の渦に包み込んだ。アンコールには西川の誕生日を祝うために、西川をモデルにしたキャラクターの“タボくん”はじめHELLO KITTYなど、大勢のゆるキャラがステージ上にかけつけた。

そしてアンコールのではHOME MADE 家族の MICROがゲスト参加し「Lakers」、さらにラストは「CHASE THE THRILL」で締めくくった。

イベントの全てが終りに差し掛かる頃、西川の口から「また来年あおうぜ」と、2011年の<イナズマロック フェス>開催宣言も飛び出し、<~2010>の幕は熱く静かに幕を閉じた。

西川貴教のパワーと、滋賀県民の熱い想いで実現した<イナズマロックフェス 2010>。2011年はどんなことが起こしてくれるのか。15周年を迎えるT.M.Revolutionの活動同様、目が離せないものになりそうだ。