RYTHEM(リズム)、USTREAM解散発表生中継が総視聴者数15,000人超/RYTHEMのPV・新曲・ライブ・チケット情報はBARKS音楽ニュース

邦楽・洋楽アーティストのニュース、ライブ・チケット情報、PV・インタビュー等

BARKS バークス

アーティスト情報

ARTIST

RYTHEM(リズム)、USTREAM解散発表生中継が総視聴者数15,000人超

シンガー・ソングライター・ユニットのRYTHEM(リズム)が、10月24日(日)21時から、日本初となる“USTREAMでの解散発表生中継”を行なった。メンバー自身が出演。2人の言葉で解散の理由と、ファンへのメッセージを発信。同時に、12月8日にリリースとなるラストアルバム『リズム』の発表と、2011年2月27日(日)にZEPP TOKYOで行なう解散ライブが発表された。

◆RYTHEM ~拡大画像~

RYTHEMは、2003年高校3年の時に、アニメ『NARUTO』のエンディングテーマ「ハルモニア」でデビュー。新人として異例の7万枚を超えるセールスを記録し、その後も、日テレドラマ『光とともに…~自閉症児を抱えて~』主題歌「万華鏡キラキラ」、NHK朝ドラ『てるてる家族』主題歌「ブルースカイ・ブルー」、アニメ『焼きたて!!ジャぱん』オープニング「ホウキ雲」、映画『奈緒子』挿入歌「首すじライン」、日テレドラマ『ギネ 産婦人科の女たち』エンディングテーマ「ツナイデテ」など、ヒット曲を次々と発表。キマグレンやスキマスイッチの常田真太郎氏とコラボレーションをするなど、幅広い活動もしており、2009年には、集大成となるベストアルバム『BEST STORY』をリリースし、オリコンデイリーチャート10位を記録した。

ライブ活動では、全国のショッピングモールでのライブを精力的に展開。2007年には1年間で100箇所のライブを行ない、ライブでの握手と、CD実売数が1万超えを記録。2008年には渋谷C.C.Lemonホールを完売させ、2009年には中野サンプラザホールを敢行するなど、人気実力共に大きな注目を集めてきた。

そんなRYTHEMが突然の“解散”を発表。YUIとYUKAが高校生の時に始めたRYTHEMだが、本格アーティストとして成長していく中で芽生え成長した個々の音楽性、お互いのこれからの音楽人生を考え、それぞれ別の道で音楽を続けていくことを決心した。そして、大きな決断をした2人が、RYTHEMとして、最後にこれまで応援してくれたファンに贈るべく、RYTHEM史上最高のアルバムである『リズム』を作り上げた。

今回USTREAMで解散を発表することを選んだのは、自分達の口から自分達の言葉でファンのみんなにメッセージを届けたいという気持ちからということ。Twitter上にリアルタイムに流れるファンのメッセージを見ながら最後にファンへ最後のメッセージを届けた。今後のソロ活動に期待したい。

ちなみに、今回のUSTREAMの総視聴者数は15,000人超。リアルタイムツイートランキング総合1位(ハッシュタググラウドの総合・エンタメランキング1位 10/24 22:15付け)という注目度の高さだった。

ラストシングル 『A Flower』
日本テレビ系『ハッピーMusic』11月POWER PLAY
2010.11.10 Release
AICL-2194/\1,223(tax in)

ラストアルバム『リズム』
2010.12.8 Release
初回盤:AICL-2218-9/\3,500(tax in)
通常盤:AICL-2220/\3,059(tax in)

解散ライブ<Final Fantasy Live~RYTHEM史上最高のリズム!!!>
2011年2月27日(日)@Zepp Tokyo

全国ツアー<Acoustic PoP Tour'11~Live Tree>
1月9日(日)名古屋/ELL
1月10日(月・祝)大阪/BIG CAT
1月14日(金)渋谷/O-Crest
1月16日(日)福岡/DRUM Be-1
1月22日(土)札幌/KRAPS HALL

◆RYTHEM オフィシャルサイト

BARKS NEWS READER スマートフォン版 BARKSアニメ・ゲーム 日本のカワイイを世界に発信! Kawaii Girl Japan