モーターヘッドのレミー・キルミスターからまたもや迷言が飛び出した。ヴォーカルのためにタバコを止めるミュージシャンは少なくないが、彼の場合、喫煙はヴォイス・トレーニング・トレーニングの一環だという。

ダミ声がトレードマークの彼は『The Sun』紙のインタヴューでこう話している。「トレーニングの一環だ。俺はタバコを吸い続けなきゃいけないんだよ。禁煙したら、声に支障をきたす。酒とタバコをやってなかったら、俺は多分、この仕事につけなかっただろうよ」

さらにはこんなことも。「俺の先輩たちは、喫煙はいいことだって言ってたぜ。気道の通しをよくするから呼吸を楽にするって広告もあっただろ」

??? まあ、ポテトチップスを野菜と言い切った人の発言なので…。

モーターヘッドは現在、バンド結成35周年を記念しUK/ヨーロッパ・ツアー中。間もなく12枚目のスタジオ・アルバムとなる『The World Is Yours』をリリースする。そして、クリスマス・イブが誕生日のレミーは65歳になる。

Ako Suzuki, London