火曜日(12月6日)、アリシア・キーズ、レディー・ガガ、ジャスティン・ティンバーレイクらのTwitterが6日ぶりに復活した。彼女たちはアフリカやインドでHIVに苦しむ子供たちを支援しアリシアがスタートした募金運動のため、“Digital Death(デジタルの死)”を掲げ12月1日よりTwitterやFacebookなどのソーシャル・ネットワークの使用をストップしていた。1週間もかからずして目標の100万ドルが集まったという。

発起人であるアリシアの第一声は「@aliciakeysは生きている! KCA(アリシアのチャリティ団体) fight AIDS & save livesのために100万ドル集まったわ! 本当にありがとう&命のためにお金を使うのを止めないで」。ガガのほうは、とくに支援運動には触れず「ツアー・バスでちょっと楽しすぎる時間を過ごしている。レーベルのためにアルバムをプレイした。あとは知っての通り」といきなり近況報告になっている。

5日間で100万ドル(約8,500万円)という大金が集まったわけだが、そのうちの半分(50万ドル/約4,250万円)は1人の億万長者からの寄付だったそうだ。アメリカのドラックストア・チェーンKinrayの元オーナーが寄付したといわれている。

Ako Suzuki, London