12月29日~31日、東京ビックサイトで行われている世界最大規模の同人誌即売会<コミックマーケット79>の初日に、ひときわ存在感を放つブースが登場した。TamStar Records(タムスターレコーズ)のブースである。

◆<コミックマーケット79>画像

TamStar Recordsは、supercellやlivetune、ゴム、らっぷびと、やなぎなぎといったインターネット系ミュージシャンをマネージメントするプロダクション「インクストゥエンター」が設立したレーベルだ。当ブースにおいて、上記アーティストが一同に参加するコンピレーションCD『TamStar Records Collection vol.0』ほか、多数を発売するという情報を聞きつけたファンが殺到し、会場オープンと同時に、約5,000名という異例の長蛇の列ができる賑わいを見せたのだ。

レーベルの立ち上げを記念して発売されたコンピレーションCD『TamStar Records Collection vol.0』をはじめ、新人ゴムの『Versionゴム』やsupercellの名曲「ブラック★ロックシューター」にフューチャーした「BLACK★ROCK SHOOTER ANIMATION; ORIGINAL SOUNDTRACK & REMIXES」、supercellの輝かしい軌跡をたどることができるTRIBUTE ALBUM『supercell tribute~Stowaways~/ supercell feat.初音ミク』など、多数の限定CDがコミックマーケットならではのお得感あふれる価格で販売されている。また、ここでしか買えないアーティストグッズも展開されており、すべて数量限定生産・売り切れ御免という商品となっていることが、多数のファンを集結させた要因のようだ。

レーベル広報担当羽太氏は「より多くの方々に、インターネットミュージックシーンで活躍するアーティストの素晴らしい楽曲を知っていただき、聴いていただきたいです。そのために、世界最大規模の同人誌即売会・コミックマーケット79の企業ブースに出展し、CDの価格も、最大限に抑えての展開をさせていただいております。このイベントをきっかけに、さらに多くのアーティストが世の中に羽ばたいていくことを、心より願っています。」と、その思いを語っている。

◆TamStar Recordsオフィシャルサイト
◆ニコニコ動画TamStar Records公式チャンネル
◆コミックマーケット79オフィシャルサイト