2011年1月19日ベスト盤『BEST』のリリースを最後に、ヴィドールが解散することがわかった。デビュー10年目にして残念な結果だが、音楽性の相違のみならず、やりたいことの方向性が変わってきてしまったのだという。

◆ヴィドール画像

メンバー内には、牧場経営やバー経営など実業家として頭角を表しつつある者もおり、音楽以外の分野を視野に入れた方向性の広がりがあるという。解散に関しては、1月18日ニコニコ動画やTwitterでメンバーが語る予定となっている。

今後ソロ活動を行なうというボーカルの樹威に対しては、日本クラウンによると「アメリカや欧州でヴォーカル樹威の人気が非常に高く、第二のガクトとして期待している」とコメント。ソロデビューアルバム内に収録される新曲「最大公約愛」を4月20日にリリース、そこで解散するヴィドールへの想い、メッセージを込めるという。

「前向きな解散なので、今後もメンバーを見守ってもらいたい。所属レコード会社は、GACKTさんがデビュー当時から在籍していた会社なので、僕もガクトさんのようになれる様、頑張りたいです!」──樹威

2011年5月7日には、新木場スタジオコーストにて解散コンサートが行なわれる。

◆ヴィドール・オフィシャルサイト