2010年7月にロンドンで行なわれたライヴを収録したアンダーワールドの日本独自企画作品『ライヴ・フロム・ザ・ラウンドハウス』が1月18日、発売となった。

◆アンダーワールド画像

ロンドンで行なわれたiTunes Festivalのライヴを収録した本作は、新作『バーキング』から代表曲「オールウェイズ・ラヴド・ア・フィルム」「スクリブル」など全6曲、現在ベストの内容といえるパフォーマンスを見せたものだ。

今作のリリースに際して、カール・ハイドからのコメントも到着だ。

「ラウンドハウスでのライヴはリックと僕にとって、アルバム『バーキング』の曲を披露する初めての機会だったので、プレッシャーというより、エキサイティングで緊張感のあるステージだったね」──カール・ハイド

2011年6月には、スペイン・バルセロナで開催される世界最大級の音楽フェスティバル<SONAR FESTIVAL 2011>への出演も決定している彼らの最新パフォーマンスを、しかとチェックされたし。

『ライヴ・フロム・ザ・ラウンドハウス』
2011年1月18日発売 日本独自企画盤 (CD+DVD)
PCDT-29/30 2,520円[tax incl.]
1.Always Loved A Film
2.Two Months Off
3.Scribble
4.Rez / Cowgirl
5.King Of Snake
6.Born Slippy Nuxx

Performed by Underworld
All Tracks written by Rick Smith and Karl Hyde except:
Track 3 written by Lincoln Barrett, Rick Smith and Karl Hyde
Track 4 written by Rick Smith, Karl Hyde and Darren Emerson
Track 5 written by Rick Smith, Karl Hyde, Darren Emerson,
Peter Bellotte, Giorgio Moroder and Donna Summer
Produced by Rick Smith / Additional Programming and
Engineering by Darren Priice / Mixed by Mike Nielsen and Rick Smith
Audio Recorded by Abbey Road Live Here Now
Filmed by Live Nation Studios
Video Produced by Princess TV
Audio Mastered by Miles Showell at Metropolis Mastering,London
Art by John Warwicker (tomato)