決裂から1年半が経ち、リアム・ギャラガーの兄に対する思いが少し軟化したようだ。オアシス再結成は別として、兄弟としてはいつか仲直りするだろうと発言した。

リアムはUKの音楽誌『Q Magazine』のインタビューでこう話した。「俺とあいつは(いつか)スウィートな関係になるぜ。俺らのリトル・ベンチャーは終わりを迎えた。でも、俺はこの先、オアシスに対して悪く言うことはない。素晴らしかった。だからこそ、俺は何百万人もから愛されてるんだ」

さらには、ノエルの活躍を願う言葉も。「でも、あれはもう終わりだ。俺らは(ほかのことで)忙しくしている。あいつにもそうして欲しいね。ホントにそう思っているぜ。いいアルバムを作ってもらいたい。あいつはそうするだろうよ」

リアムのニュー・バンド、ビーディ・アイは今週、デビュー・アルバム『Different Gear, Still Speeding』からの1stオフィシャル・シングル「The Roller」をリリースする。

Ako Suzuki, London