1月26日に4年ぶりのアルバム『イルミネーション』を発売したジョシュ・グローバンが、7年ぶりに来日、イベントと日本初となるライブ公演を行なった。

◆ジョシュ・グローバン来日画像

1月29日(土)、この日は六本木東京ミッドタウンに期間限定でオープンしている“シティ アイスリンク in 東京ミッドタウン”にて、<ジョシュ・グローバン 荒川静香 夢の共演>と題されたイベントが開催となった。開場1時間以上前からファンが殺到、スケートリンクの外にもあふれ出す約1000人のファンが結集する中、スケートリンクの真ん中に置かれたグランドピアノで、新曲「ヒドゥン・アウェイ 心を隠さないで」を披露。「東京に来るのは久しぶりだし、寒いけど、温かいファンに迎えられてよかった」と喜びを語った。小さいころ日本語を習っていて、日本食も大好きというジョシュは、日本でのナイトライフも満喫し大好きな日本食を楽しんでいる様子を語ってくれた。

荒川静香との共演は、アイスショーで子供たちと滑るときに使用しているという「ユー・レイズ・ミー・アップ」をジョシュが歌い、荒川静香が演技を披露。イナバウアーやピールマンスピンなど、ジョシュの歌にあわせた演技には会場からどよめきとともに、温かい拍手が沸き起こった。ジョシュの歌で演技を披露した荒川静香は「間近でスケートと合わせられるなんて、最高の時間です。音楽を感じたままに演技するのが好きなので、オリンピックのときは緊張しましたが、本来のスケートができました」と、生歌の魅力を伝えてくれた。

1月30日(日)には、日本で初となるジョシュ・グローバンの来日コンサートが日本橋三井ホールにて行なわれた。この日は、ライブの開場前の16時頃、突然ジョシュ・グローバンのTwitterに謎掛けでチケットがプレゼントされるというつぶやきがあがり、会場近くの場所にチケットが隠されているというサプライズが明らかになった。実際に会場のホール前のカフェの壁に、チケットが2枚隠されており、会場はサプライズに沸いた。各地の会場でこのようなファン向けのtwitter謎かけが行なわれているのだ。

初となる日本でのコンサートは、ファンからの質問受付けたり、リビングルームになってるステージにファンを呼んで、ワインをふるまって歌うなど、とってもアットホームなコンサートとなった。ファンのリクエストで「アウェイク」を歌った時には、事前にインターネットを通じてファン同士が呼びかけていた通り、2番の歌詞からサイリウムを振るというサプライズでジョシュを驚ろかせる一幕も。最後は「ユー・レイズ・ミー・アップ」で感動のエンディングをみせたが、リハーサルを一切していないという日本初ライブは、自由な構成で「また近いうちに戻ってくるよ」というジョシュからの気さくなメッセージで幕を閉じた。

『イルミネーション』
2011年1月26日発売
WPCR-13976 2,580円(税込)

◆洋楽チャンネル
◆レジェンド&クラシック・ロック・チャンネル