50年近いキャリアを誇るベテランでありながら、未だ日本の地を踏んでいなかった最後の大物が遂に日本にやってくる。なんとジョニー・ウィンターの来日公演が決定したのだ。あきらめかけていた往年のファンにとって、まさかのビッグ・サプライズ。奇跡の祝杯をあげようではないか。

100万ドルのギタリスト、ジョニー・ウィンターは、1990年3月に一度は来日が決まっていたものの、直前になって中止となりファンは落胆。…そんな幻の来日公演から早や20年、伝説のブルース・ギターが日本上陸のリベンジを果たしてくれる。

ジョニー・ウィンターは、1944年テキサス州ボーモントに生まれた。白人ブルース・ギタリストとして地元のクラブ・サーキットで熱狂的なファンを生み、レコード会社の争奪戦を経て、1969年にコロンビア・レコーズが100万ドルといわれる破格の契約金で獲得。70年代にはライヴ名盤『狂乱のライヴ』(1976)や「ロックンロール・フーチー・クー」に代表される入魂のブルース・ロックで人気を獲得、弟エドガー・ウィンターやリック・デリンジャーとの共演も実現。さらにマディ・ウォーターズのプロデュースも手がけている。1980年代には『アリゲイター』レーベルと契約、こってり濃厚なテキサス・ブルースで魅了してきた。

2011年現在、66歳となったジョニー・ウィンターは、神がかったプレイを聴かせる孤高のギタリストとして唯一無比の地位を確立している。近年は座ってギターを弾くことが多いが、濃厚なブルース・テイストあふれる演奏は味わいを増すばかり。刺激と円熟を兼ね備えたギター・プレイで魅了してくれるはずだ。

「スタジオに入る時間があったら、ステージに立つ」と語るほどのライヴ・フリークというジョニー・ウィンター、初の来日公演は、4月13日(水)、14日(木)、15日(金)のZepp Tokyo 3daysだ。

<JOHNNY WINTER JAPAN TOUR 2011>
2011年4月13日(水)、14日(木)、15日(金)
@Zepp Tokyo
各日開場18:00 開演19:00
1F\8,000(スタンディング・税込)ドリンク代別途\500※整理番号付き
2F\8,000(指定席・税込)ドリンク代別途\500
チケット発売日:2011年2月25日(金)
[問]M&I カンパニー 03-5453-8899

JOHNNY WINTER紙ジャケ12タイトル
完全生産限定盤 1,995円(税込) ※2枚組 2,940円(税込))
※USオリジナルを忠実に再現した紙ジャケット仕様
※2011年最新リマスタリング予定
※一部タイトルにはボーナス・トラック収録予定
※書き下ろし解説/歌詞対訳付き
2011年5月25日発売
『ジョニー・ウィンター/ジョニー・ウィンター』 \1,995(税込)
『セカンド・ウィンター/ジョニー・ウィンター』2枚組\2,940(税込)
『ジョニー・ウィンター・アンド/ジョニー・ウィンター・アンド』\1,995(税込)
『ライヴ/ジョニー・ウィンター・アンド』 \1,995(税込)
『スティル・アライヴ・アンド・ウェル/ジョニー・ウィンター』\1,995(税込)
『セインツ&シナーズ/ジョニー・ウィンター』\1,995(税込)
2011年6月8日発売
『ジョン・ドーソン・ウィンターIII世/ジョニー・ウィンター』\1,995(税込)
『キャプチャード・ライヴ/ジョニー・ウィンター』 \1,995(税込)
『トゥゲザー/ジョニー&エドガー・ウィンター』 \1,995(税込)
『ナッシン・バット・ザ・ブルース/ジョニー・ウィンター』 \1,995(税込)
『ホワイト、ホット&ブルー/ジョニー・ウィンター』\1,995(税込)
『レイジン・ケイン/ジョニー・ウィンター』\1,995(税込)

◆洋楽チャンネル
◆レジェンド&クラシック・ロック・チャンネル