カラオケ「DAM★とも」で簡単に参加できるBARKSカラオケ・コンテストがスタートとなった。

◆「勝手にデスボイス・コンテスト」オフィシャルサイト(応募期間終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。)

これは「音楽を愛し、とにかく楽しく歌う人を心から応援する」ハッピーコンテスト。難しいことは一切なし、音楽を楽しんで楽しみ尽くした人が王者であるというのがコンセプトだ。

BARKSイチオシのデスボイス・ヒロイン、Maiko

キュートなルックスと可愛らしいハスキーボイスから、突如繰り出されるデスボイス。え?と2度見してしまう意外性とビジュアルとのギャップに、誰もがぶっとぶDAZZLE VISIONのMaiko。彼女にとって、デスボイスとは?

私にとって「デスボイス」とは声にならない「心」です。
すごく嬉しい時やとても悲しい時、人は叫びたくなりますよね?それと同じで、私が心を込めた歌を歌う時にスクリームやシャウトが出るのは自然なことなんです。
でも、私にとって「デスボイス」はとても難しく、未だに上手く出せない時や喉を痛めてしまうがあります。喉を痛めること無く上手く出すコツは、全身の力を抜いてお腹の力だけで声を出すことです。
そして、歌詞に集中して有りったけの「心」を込めてシャウトしてください。きっと声にならない声、「デスボイス」が出てくるかも知れません。
私は、そんなにシャウトするボーカリストではありませんが、「デスボイス=DAZZLE VISION」というイメージもあることに、「心が伝わっているんだなぁ」とやりがいを感じています!
──maiko

Maikoのデスボイスをチェック
◆DAZZLE VISION「VISION」PV映像
◆DAZZLE VISION「ETERNITY」ライブ映像
第1回目のテーマは「デスボイス」。強い怒りや悲しみ、痛みや苦しさの表現に使われるデスボイスだが、クリーンボイスとの使い分けは音楽表現を格段に広げ、ライブでのテンションを起爆させる絶好の表現方法でもある。

単なるダミ声・がなり声から、地を這うような下水道ボイスまで、デスボイスのバリエーションもさまざま。オリジナルや既成概念にとらわれず、あなたならデスボイスで大好きな楽曲をどう表現するだろうか。お気に入りのあの曲を、十八番のその曲を…情感豊かなデスボイスで、オーディエンスの度肝をぶち抜いていただきたい。

参加に条件や縛りはなし、全パートをデスボイスで歌い続ける必要もありません。テクニック以前にデスボイスをどこでどう使うか、あなたのセンスが勝負の分かれ目。もちろん、楽曲のオリジナルをリスペクトし、その作品の魅力をもっと引き出すような姿勢が大前提。歌詞の改変などはNGです。目からうろこのデスボイスをお待ちしております。

喉への負担の大きいデスボイスだけに、優勝者にはカンロ株式会社より「ボイスケアのど飴」6袋セットをプレゼント♪

日本全国に潜伏したデスボイスの申し子たちよ、デスボイス・キング、デスボイス・クイーンは誰だ?

BARKSカラオケ・コンテスト「勝手にデスボイス・コンテスト」

・応募期間:2011年2月25日(金)~2011年3月28日(月)
・選考終了/結果発表:4月上旬
・料金:無料
・課題曲:自由
・応募条件:デス声で歌うことが条件。フルコーラスでなくとも一部のみでOK。
・応募資格:プロ・アマ、国籍、年齢問わず。音楽を楽しみデスボイスにチャレンジする方
※参加にはDAM★ともレギュラー会員である必要があります
・優秀賞品:優勝者にはデスボイスで疲れた喉を癒す「ボイスケアのど飴」6袋セットをプレゼント(提供:カンロ株式会社)
・審査員:BARKS編集部、スペシャルゲスト(予定)

※応募期間終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

「ボイスケアのど飴」とは?

声を使うプロも納得という「ボイスケアのど飴」は、国立音楽大学教授で声楽家の小林一男と同校の学生たちとカンロとの共同開発から誕生したのど飴。新しい「ハーブエキス」の調合には60種類にも及ぶ試作の中から誕生したもの。

開発で最も苦労したのが「おいしさとのバランス」。なめやすいものだと「のどに良さそう」という感覚が薄れ、逆に「効きそうだ」という感覚が強すぎると飴としてのおいしさを失ってしまうのだとか。

◆参照「国立音楽大学の共同開発『ボイスケアのど飴』は、ボーカリストの強い味方?」