▲Heavenstamp
▲NIKIIE
▲シャリース
▲Superfly
▲EXILE
▲秦 基博
▲JUJU
2月24日、J-WAVEの番組「McDonald's TOKIO HOT 100」による音楽祭<McDonald's TOKIO HOT 100 AWARD授賞式>が開催された。リスナー投票を募りベストソング&ベストアーティストを決定する音楽祭で、2010年にチャート・インした全楽曲および全アーティストを対象とし、5部門7組ずつをノミネート。2011年1月9日(日)から2月6日(日)までに寄せられた有効投票数18,661票のリスナー投票により、最優秀賞が決定となった。

◆<TOKIO HOT 100 AWARD>画像(2011年2月24日)

授賞式とパーティーは、品川ステラボールにてリスナー350組700名および音楽関係者を招待し開催された。MCには「McDonald's TOKIO HOT 100」ナビゲーターでもあるクリス・ペプラー、プレゼンターはJ-WAVEナビゲーター陣が担当。ステージには受賞アーティストが登場し、喜びの言葉とともにライブを披露。J-WAVEが薦める2011年要注目のアーティスト2組、HeavenstampとNIKIIEのスペシャルライブも開催となった。

始めにベストニューアーティスト部門のシャリース受賞が発表。2010年のJ-WAVE冬のキャンペーンソングを歌ったシャリースが来日公演中で、この授賞式のためにかけつけた。「日本のみなさんにこんなに認めていただいてうれしいです。J-WAVEのリスナーのみなさんありがとう」と喜びの言葉とともに圧倒的な歌声でヒット曲「PYRAMID」を披露した。

続いてベストソング部門Superfly「Wildflower」が発表され、レコーディングの合間を縫ってかけつけたSuperflyがステージに登場。「こんな素敵な賞をいただけてうれしいです。Wildflowerは初めて聴いたときに強いエネルギーを感じて、早くたくさんの人に届けたいとおもっていた曲で、こんなにたくさんの人に触れていただけてうれしい。これからも大切にこの曲を歌い続けていきたいです」とファンにメッセージを届けた。

ベストグループはEXILEが受賞。発表と同時に沸き起こった大歓声とともにUSAが登場し、「EXILEは変化を続けながらたくさんの人にさせられて活動を続けています。その感謝の気持ちをこれからも作品やパフォーマンスにかえて表現していきたいです。これからもみなさんの応援よろしくおねがいします」と喜びを語った。

ベスト男性アーティスト部門はこの部門3年連続受賞の秦 基博。すっかり「TOKIO HOT 100 AWARD」の常連となり、受賞スピーチでは、「3年連続でびっくりしています。2010年はスケジュールの都合で授賞式に来られなかったので、2011年は忘れ物をとりにきました。自分がベストとは思わないけど、選んでいただけたことがうれしい」と語りました。

最後にベスト女性アーティスト部門の発表があり、JUJUがステージに登場。J-WAVE深夜24:00~26:00放送の「RADIPEDIA」月曜日を担当するJUJU。2010年はTOKIO HOT 100に10曲がエントリーと大活躍。「こういう賞をいただいたのははじめてなので、何をどう言っていいかわからないです。あこがれのJ-WAVEで番組を担当できただけでなく、こんな賞をいただけて本当にうれしい。2011年は素敵な年になりそう」と喜びを語り、2010年のヒット曲「HELLO, AGAIN~昔からある場所~」と「この夜を止めてよ」の2曲を披露した。

この授賞式の模様は、2月27日(日)13:00~16:54放送のJ-WAVE「McDonald's TOKIO HOT 100」で放送される。

<McDonald's TOKIO HOT 100 AWARD授賞式>
ベストソング部門:『Wildflower』 / Superfly
ベスト男性アーティスト部門:秦 基博
ベスト女性アーティスト部門:JUJU
ベストグループ部門:EXILE
ベストニューアーティスト部門:シャリース

Heavenstamp
1. Hype
2.Stand By You

CHARICE
1.PYLAMID

NIKIIE
1.春夏秋冬
2.HIDE&SEEK

JUJU
1.HELLO,AGAIN~昔からある場所~
2.この夜を止めてよ