ガールズ・メタル・バンド:アルディアスのニュー・シングルが4月6日にリリースされることが発表された。

◆「Luft」PV映像

2010年颯爽と現れた彼女たちは、そのドハデなルックスと高い演奏スキルに正統派メタルサウンドを掲げ、枯渇しかかっていたガールズメタルシーンに一石を投じた。渇望されていた彼女たちの存在は賛美の声と共に全国に伝播、日を増すごとにその注目度は上昇している状況だ。そんな中で発売されるこの作品は、デビュー・シングル「ディフェンデッド・ディザイア」、デビュー・アルバム『ディープ・エクシード』だけでは物足りなかったメタル・ファンの急所に、深く鋭く突き刺さることだろう。

「マーメイド」とタイトルされたこの楽曲はRami(Vo)、Yoshi(G)による共作で、その名の通り人魚姫をテーマに歌詞が綴られている。作詞を担当したRamiは「よく知られている人魚姫の物語のように、最後は泡となって消えるのではなく、どんなことも自分の力で切り開いていける希望を最後まで忘れてはいけない大切さを伝えたかった。運命を変えるということです」と語る。人魚姫を体現したかの美麗なジャケットも魅力的だ。Yoshi&トキによるツインギターとRamiのメロディアスなヴォーカルラインが絶妙に交錯するアルディアスの真骨頂サウンドが、存分に堪能できる作品だ。

カップリングには2作品が収録となる。「コンフュージョン」は、Yoshiいわく「スラッシーに仕上げた(笑)」というアルディアス史上最速の攻撃的なへヴィ・メタル・ナンバー。すでに2月の大阪のライヴで披露され、オーディエンスからは大きなリアクションが返ってきたという。曲中の「Dirk Side!」「Light Side!」の掛け合いはライヴの定番曲として盛り上がりそうだ。

3曲目の「エヴァーシンス」は、すでにアルバムにメタル・ヴァージョンとして収録されている楽曲だが、もともとはバラード調にアレンジされていたという作品。今回はファンからの要望もあり原曲が初披露されることになった。ピアノだけをバックに切なげに歌うアレンジから、メロディの美しさがより際立つようだ。

シングル発売に伴い、東名阪レコ発ワンマンツアーが4月2日(土)渋谷CLUB QUATTROを皮切りに開催される。定評のあるド派手なステージングと、とりわけファンサービスを大切にしてきた彼女達だけに、どんな演出やサプライズを楽しませてくれるか、ワンマンならではの内容を期待したい。2010年デビュー後に行なわれたツアーは軒並みソールドアウトしており、初のワンマン公演となった地元大阪でのショウは満員御礼の動員を記録している状況のため、チケットのプレミア化は避けられそうもない。

<「Mermaid」レコ発ワンマンツアー>
2011年4月2日(土) 東京 渋谷 CLUB QUATTRO
2011年4月9日(土)大阪 心斎橋 CLUB QUATTRO
2011年4月16日(土)愛知 名古屋 CLUB QUATTRO
◆アルディアス・オフィシャルサイト
◆BARKS HR/HMチャンネル