『週刊少年ジャンプ』連載作品「SKET DANCE」のTVアニメ主題歌を、AKB48から生まれたフレンチ・キスと、the pillowsが担当することがわかった。

◆『SKET DANCE』、フレンチ・キス、the pillows画像とアフレコ中の柏木由紀からのコメント&画像


4月7日、夕方6時よりテレビ東京系で放送開始となるTVアニメ『SKET DANCE』。オープニングテーマを担当するのは、シングル「ずっと 前から」「If」の大ヒットで注目されているAKB48の柏木由紀、高城亜樹、倉持明日香のからなるフレンチ・キス。AKB48の派生ユニットが、『週刊少年ジャンプ』作品アニメのオープニングテーマを務めるのは今回が初めてとなる(余談だが、チームドラゴン from AKB48が歌ったのは、フジテレビ系アニメ『ドラゴンボール改』のエンディング・テーマ)。

さらに今回、フレンチ・キスの柏木由紀は、同アニメの主人公・ボッスンこと藤崎佑助の妹“ルミ”役の声優にも挑戦。柏木由紀のルミは、第三話(4月21日放送予定)から登場する。

一方のエンディング・テーマに抜擢されたのは、the pillows。これは漫画の読者ならおわかりのことだろうが、原作の中でも特に人気が高いエピソード「カイメイ・ロック・フェスティバル」で、主人公ボッスンたちが結成するバンド“The Sketchbook”が、the pillowsの「Funny Bunny」を演奏していることから。

なお、オープニングテーマ、エンディングテーマについての詳細は後日発表される。

「『SKET DANCE』の魅力は、学園を舞台にスケット団が巻き起こす、時には巻き込まれる“ドタバタ感”だと思います。そこはAKB48にも似てるかも(笑)。そんな笑いも感動も詰まっているこの作品のオープニング・テーマを私達が歌えるなんて、嬉しい&光栄です! 私はボッスンの妹ルミにも挑戦させて頂くので、歌と声で”スケット”します(笑)。楽しみにしていて下さい。」── 柏木由紀(フレンチ・キス)

「TVアニメ化おめでとう! テーマソング、とても似合う良い曲が出来たよ。依頼を貰ってから、もう一度単行本を読み返して、真剣に自分の十代の頃の気持ちも思い返して、相応しい歌詞が書けたんだ。今回の話がなかったら生まれなかった曲だよ。ありがとう。大切な曲がひとつ増えました。スケットダンス・ファンのみんなに気に入ってもらえると良いな。」── 山中さわお (the pillows)

◆『SKET DANCE』オフィシャルサイト