「なにかとモヤモヤムズムズするので歌います。しばし和んで頂ければ幸いです。」というコメントととも、4月の毎週金曜日の20時から、斉藤和義がUSTREAMで定期的に行なってきた『斉藤和義 on USTREAM 空に星が綺麗』。このプログラムが4月29日、最終回を迎える。そして最終回スペシャルには、泉谷しげる、浦沢直樹、奥田民生ら7名ゲストが登場することが発表された。

3月11日の東日本大震災を受けて、被災地への義援金を呼びかけるチャリティライヴとして始まったこの番組。4月29日の放送は、『斉藤和義 on USTREAM 空に星が綺麗 最終回スペシャル』と題し、ゲストアーティストが参加してのスペシャル版で放送される。参加アーティストは、泉谷しげる、漫画家・浦沢直樹、奥田民生、田島貴男、仲井戸“CHABO”麗市、浜崎貴司、中村達也の7名だ。

この企画は、斉藤和義がUSTREAMを通じてライヴを行ない、視聴者へ義援金の案内や、ライヴ会場での募金箱の設置(4月15日放送分と4月22日放送分のみ)などを行ない、ライヴ視聴者に対して被災地への義援金を呼びかけるという主旨のプロジェクト。これまでに4回放送されてきた。募金については、斉藤和義が音楽プロデュースし、オール仙台ロケが敢行された映画『ゴールデンスランバー』の制作に関わった「株式会社ダブ」か、“風とロック”主宰の箭内道彦氏による福島復興支援プロジェクト『THE HUMAN BEATS』の2カ所をあらかじめ用意し、主旨に賛同した人は任意で振込先を選ぶことができる。なお、寄せられた募金は上記2カ所を通じて、被災地へ義援金として届けられる。

◆斉藤和義オフィシャルサイト
◆東北地方太平洋沖地震にまつわる音楽・アーティスト関連情報ページ
◆USTREAM チャンネル