まさかのマイク・ポートノイ脱退から約8ヶ月、ドリーム・シアターの新ドラマーがついに決定した。マイク・マンジーニだ。

◆「THE SPIRIT CARRIES ON」ドキュメンタリー映像

2010年9月にバンドの中心人物であったドラムのマイク・ポートノイがバンド脱退を表明、その後ドリーム・シアターはドラマーのオーディションを開始した。バンドとセッションをし、会話をし、音楽的技術はもちろん、性格やプロフェッショナルであるかどうか、そして何よりもドリーム・シアターのドラマーとしてふさわしいのかどうか…。これらを基準に、世界中から7人の猛者がニューヨークに集まり、オーディションが行なわれた。

このオーディションについて、ジョン・ペトルーシは「俺たちは人生を長く一緒に歩んだバンドメイトであり友人との予期できなかった別れに、とても心を痛めています。この結果、7人の素晴らしい唯一無二の才能を持ったドラム奏者に出会えたということは、俺たちを鼓舞してくれました」と話している。

ペトルーシが語る唯一無二の才能を持った7人のドラマーとは、以下の通り。

・アキレス・プリースター(ANGRA、HANGER、FREAKEYS、VINNIE MOORE BAND)
・ヴァージル・ドナティ(PLANET X、SOUTHERN SONS、STEVE VAI)
・デレク・ロディ(HATE ETERNAL、MALEVOLENT CREATION、SERPENT'S RISE)
・トーマス・ラング(ジョン・ウェットン、ミック・ジョーンズ、グレン・ヒューズ)
・ピーター・ウィルダー(DARKANE、PESTILENCE、JAMES LEBRIE SOLO PROJECT)
・マイク・マンジーニ(STEVE VAI、ANNIHILATOR、EXTREAM)
・マルコ・ミネマン(PAUL GILBERT、エイドリアン・ブリュー、KREATOR、NECROPHAGIST)

彼らがこれまでに参加してきたバンド/キャリアを見ても、世界トップ・クラスの凄腕ドラマーであるということは一目瞭然。彼らの中から、ドリーム・シアターの新たなメンバーとなったのが、マイク・マンジーニというわけだ。

7人がオーディションに参加している様子はドキュメンタリー・タッチでまとめられ、YouTubeにアップされている。このドラマー発表のドキュメンタリー映像は、3つのエピソードに分けられており、エピソード3の最後で新メンバーが明らかになっている。

全編英語の映像だが、日本語字幕の付いた映像が近日に公開される予定だ。感動を呼ぶ映像は、まさしく必見だ。

◆ドラマー発表までのオーディションをまとめたドキュメンタリー映像
◆EPISODE 1(バンドのインタビュー、そしてマイク・マンジーニのオーディション風景)
◆EPISODE 2(デレク、トーマス、ヴァージル、マルコの4人のオーディション風景)
◆EPISODE 3(アキレス、ピーターのオーディション風景、そして合格者への通知シーン)
◆BARKS洋楽チャンネル