X JAPANの新曲「Scarlet Love Song」が、mu-moディリーチャート着うたフルで4日連続1位を記録している中で、作詞作曲者のYOSHIKIは、スティービー・ワンダーの誕生会でぶっ倒れてしまったようだ。

◆YOSHIKI&スティービー・ワンダー画像

スティービーワンダーのプライベートバースデーパーティーは、米国時間5月29日(日)夜、ロサンゼルスの知人宅で行なわれていたが、Yoshikiが倒れたのはその会場で。まさかの緊張のせい…なわけもないだろうが、医師によると過労による貧血が原因ではないかとのことだ。

確かにYoshikiは5月20日からシカゴでのイベントへの出演やラジオ収録に出向き、22日にはニューヨークに渡り自らのラジオ番組の記念パーティーに出席、24日にはロサンゼルスに一旦戻りつつも、27日には今度はサンフランシスコでのイベント出演…と、文字通り全米を飛び回っていたという。思い立ったが行動に走り、本能がGO!と言えば状況は顧みずまっすぐに突き進むその精神性は未だ何も変わらないようで、身体をいたわるどころか、不都合をおして突き進んでしまうワーカホリックな性格は、破滅への道しるべの如し。困ったものである。

ちなみに、5月18日には右手腱鞘炎の悪化からロサンゼルスの病院でブロック注射を打っており、その後に行なわれたシカゴ、ニューヨーク、サンフランシスコのイベントでは右手にギブスをしたまま、サイン会は左手でこなしていたとは関係者の発言だ。

イギリスとオランダに続き、ブラジルとメキシコのチケットも完売しており、6月28日からワールドツアーもたくさんのスケジュールを控えている。もちろん日本でも<サマーソニック>の出演が決定しており、実は、他の国内フェスへの参戦も決定しており、YOSHIKIの体調は大事な局面に突入しつつある。震災にまつわる募金活動にも変わらず多くの労力を注いでいるようだが、そろそろX JAPANとしての活動に注力すべく、コンディションに気をつけてもらいたいところだ。

5月28日(土)から全国公開となったアニメ映画『手塚治虫のブッダ‐赤い砂漠よ!美しく‐』は、6月4日(土)、5日(日)に映画公開前に主題歌「Scarlet Love Song」のライブ映像とYoshikiのコメント映像が、公開記念として流される事が急遽決定となった。対象映画館は、下記の全国主要映画館8劇場。こちらもチェックを。

※対象映画館:丸の内TOEI、新宿バルト9、渋谷TOEI、横浜ブルク13、梅田ブルク7、T・ジョイ京都、広島バルト11、T・ジョイ博多


<X JAPAN英国・欧州ツアー日程>
6月28日(火)London, United Kingdom (Shepherds Bush Empire)
7月1日(金)Paris, France (Zenith)
7月2日(土)Utrecht, Netherlands (Tivoli)
7月4日(月)Berlin, Germany (Columbianhalle)

<X JAPANサマーソニック日程>
8月13日(土)大阪(舞洲サマーソニック大阪特設会場)
8月14日(日)東京(QVC マリンフィールド&幕張メッセ/旧・千葉マリンスタジアム)

<X JAPAN南米ツアー日程>
9月9日(金)Santiago, Chile(Teatro Caupolican)
9月11日(日)Sao Paulo, Brasil(HSBC Brasil)
9月14日(水)Buenos Aires, Argentina(Teatro Colegiales)
9月16日(金)Lima, Peru(Scencia Halle)
9月18日(日)Mexico City, Mexico(Circo Volador)

◆X JAPANオフィシャルサイト
◆YOSHIKIオフィシャルtwitter
◆Yoshiki Foundation Americaオフィシャルサイト