ついにこの日がやってきたぞ。アニメタルUSAの結成だ。わけのわからないバッタモンじゃないぞ。メンバーを紹介しよう。マイク・ヴェセーラ、クリス・インペリテリ、ルディ・サーゾ、スコット・トラヴィスだ。メタル界のスーパー・スター達がアニメタルUSAを結成し、日本の国民的アニソンをカバーしたアルバムをリリースするというこの事実、15年前にはとても想像できなかった出来事だ。

◆アニメタルUSA画像

1996年にデビューし、メタルとアニメの融合を実現させた実力派メタル・バンド“アニメタル”は、シリーズ累計60万枚以上のセールスを記録し、社会現象にまでなったところだが、15年の時を経て、ジャパニメーションを評価したアメリカからの返答が到着したというわけだ。アメリカ・メタル界のスーパー・スターたちが集結しアニメタルUSAが、日本のアニメをメタルの流儀でリスペクトするという、ありがたいお話だ。

ラウドネスの元ボーカリスト:マイク・ヴェセーラ、宇宙最速クリス・インペリテリ、重鎮メタル・ベーシスト:ルディ・サーゾ、メタル・ゴッド・ジューダス・プリーストの現役ドラマー:スコット・トラヴィスという重厚硬質な面々が奏でるのは「宇宙戦艦ヤマト(アニメ『宇宙戦艦ヤマト』OP)」、「ガッチャマンの歌(アニメ『科学忍者隊ガッチャマン』OP)」、「愛をとりもどせ!!(アニメ『世紀末救世主伝説 北斗の拳』OP)」「魔訶不思議アドベンチャー!(アニメ『ドラゴンボール』OP)」、「残酷な天使のテーゼ(アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』OP)」といった国民的アニソン全11曲だ。しかもアレンジは、マーティ・フリードマンだという。

結成の中核を担ったのは大のアニメ・ファン、マイク・ヴェセーラだ。自身の娘もインターネットを通じて日本のアニメのファンになっていく姿を見て、日本のアニメとのつながりを強く感じたという。そんな時“アニメタル”の存在を知ったことが“アニメタルUSA”の結成の直接のきっかけとなった。

「アニメとメタル。自分のアイデンティティーと言っても過言ではないこの二つの要素を組み合わせたバンドの存在を知ったときは嬉しかった。でも残念ながら活動を封印しているという事実を知り、“それなら俺が中心になってアメリカから発信すればいい”って思ったんだ。」──マイク・ヴェセーラ

そんなマイク・ヴェッセーラが、現在3Dアニメ・クリエーターとしても活躍のルディ・サーゾに声をかけ、その2人の元に活動コンセプトに賛同したメンバー4人がLAに集結したというのだ。メタル・スーパースターたちが、その技術と情熱のすべてを「アニソン」に注ぎ込んた至高のメタル・アニソン・カバー・アルバムが、ついに誕生となったのである。

「歴史上最高のメタル・アルバムが完成した!」──マイク・ヴェセーラ
「人生最高のソロが弾けた」──クリス・インペリテリ
「アニメとメタルの完璧な融合に成功した!」──ルディ・サーゾ
「アニメタルに神が舞い降りた」──スコット・トラヴィス
「日本の伝説のアニソンが伝説のメタルになった!」──マーティ・フリードマン

熱い。火傷しそうに熱い。全世界メタルファン必聴である。

『アニメタルUSA』
2011年10月12日発売
CD:SICP-3268 \2,730(税込)
1.宇宙戦艦ヤマト(アニメ『宇宙戦艦ヤマト』OP)
2.ガッチャマンの歌(アニメ『科学忍者隊ガッチャマン』)
3.マジンガー・メドレー
マジンガーZ(アニメ『マジンガーZ』OP)
おれはグレートマジンガー(アニメ『グレートマジンガー』OP)
4.魔訶不思議アドベンチャー!(アニメ『ドラゴンボール』OP)
5.残酷な天使のテーゼ(アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』OP)
6.愛をとりもどせ!!(アニメ『世紀末救世主伝説 北斗の拳』OP)
7.がんばれドカベン(アニメ『ドカベン』OP)
8.ペガサス幻想(アニメ『聖闘士星矢』OP)
9.行け!タイガーマスク(アニメ『タイガーマスク』OP)
10.キン肉マン Go Fight!(アニメ『キン肉マン』OP)
11.ゆけゆけ飛雄馬(アニメ『巨人の星』OP)

アニメタル『そして伝説へ・・・THE LEGEND of ANIMETAL』
2011年10月12日発売
MHCL-1961~62 CD2枚組 ¥4,000(税込)

◆アニメタルUSAオフィシャルサイト