R.E.M.は水曜日(9月21日)、オフィシャル・サイトに以下のような声明を掲載した。

「僕らのファン、友人達へ: R.E.M.として、そして長年の友人、共謀者として、僕らはバンドを終わらせることに決めた。僕らが成し遂げてきたこと全てに対し、大いなる感謝、終了感、驚きの念を抱きつつ僕らは立ち去る。僕らの音楽に感動したという人たち、聴いてくれたことを深く感謝する」

マイケル・スタイプ(Vo)は「賢者はこう言った。“パーティーに出席するには、帰るときを心得ているべきだ” 僕らは一緒に、何か特別なものを作り上げた。やり遂げた。そしていま、僕らはそこから立ち去る。ファンには、簡単な決断ではなかったことを理解して欲しい。でも、すべてのものは終わりを迎える。僕らはそれを正しく、かつ自分たちのやり方で行いたかった。この31年間、僕らがR.E.M.でいることを支援してくれたすべての人に感謝しなくてはならない。そうすることを許してくれたみんなに深く感謝する。素晴らしかった」

ピーター・バック(G)は「R.E.M.にいていつも素晴らしいと思っていたことの1つは、僕らが作ったレコードや曲が、僕ら同様、ファンにとっても大切だったという事実だ。君たちの人生の一部になったのは、途方もない贈り物だった。ありがとう」

マイク・ミルズ(B)は「僕らはいつも真の意味でバンドだった。本当に愛し、お互いをリスペクトし合っている兄弟。この点においては僕らはパイオニアだったのではないかと感じている。ここには不調和、仲たがい、弁護士対決なんかない。僕らは一緒に、友好的に心の底からお互いのことを考えながら決断を下した。ちょうどいいときだったと思っている」と記している。

1980年に結成したR.E.M.は、これまでに15枚のスタジオ・アルバムを発表。「The One I Love」「Losing My Religion」「Shiny Happy People」「Everybody Hurts」など数々の名曲を生み出した。

R.E.M.に対しては、なぜか、ずっと続くバンドだと思っていた人は少なくないのではないだろうか。驚きと同時に、なにより残念だ。

Ako Suzuki, London

◆BARKS洋楽チャンネル