モーニング娘。のコンサートツアー<モーニング娘。コンサートツアー2011秋 愛 BELIEVE ~高橋愛 卒業記念スペシャル~>の日本武道館公演が9月29日から開幕した。2日間にわたって行なわれる同公演の1日目は、10期メンバーとなるモーニング娘。新メンバー4名が発表されるとともに、高橋愛の卒業を祝うべく、モーニング娘。で同期だった、テレビ東京の紺野あさ美アナウンサーと小川麻琴が駆けつけた。

◆モーニング娘。画像@高橋愛 卒業記念 日本武道館公演一日目、紺野あさ美、小川麻琴、高橋愛コメント

10期メンバーの発表はライヴ序盤のMCで行なわれた。聴きなれた男性ヴォーカルver.の「彼と一緒にお店がしたい」が会場に鳴り響き、つんく♂プロデューサーが姿を現す。

「さぁ、みなさん。この日がやってきました。<モーニング娘。10期メンバー「元気印」オーディション>結果の発表でございます。メンバーもまだ知りません。人数も知りません。男か女かも知りません。」と、3段オチのトークを展開するつんく♂プロデューサーに、9月30日のモーニング娘。卒業を控えたリーダーの高橋愛が「いや、“娘”でお願いします。」と、ツッコミ。そしていよいよ、オーディション参加者約6000人のうちから選ばれたモーニング娘。の10期メンバーが、8500人のオーディエンスが見守る中、発表された。

新メンバーは、飯窪春菜(東京都出身 / 16歳 / 高校2年生)、石田亜佑美(宮城県出身 / 14歳 / 中学3年生)、佐藤優樹(北海道出身 / 12歳 / 小学6年生)、そしてハロプロエッグから工藤遥(埼玉県出身 / 11歳 / 小学6年生)。佐藤と工藤のふたりは、どちらも1999年生まれ。1999年のモーニング娘。といえば、彼女たちにとって初のミリオンヒットとなった「LOVEマシーン」がリリースされた年でもある。

新メンバーの4人はそれぞれ、「好きな言葉は『努力は必ず報われる』です。」(飯窪)、「ダンスが得意なので、ソロダンスを披露できるような曲をつんく♂さんに作ってもらいたいと思います。」(石田)、「モーニング娘。に憧れてエッグに入ったので、モーニング娘。になれて嬉しいです。」(工藤)と挨拶。また、『でしょ~?』が口癖という佐藤が、「歴代6人目の北海道出身のモーニング娘。で、先輩さんたちに負けないように、頑張れるかな~です!」と、意気込みを語ると、その可愛さに、道重さゆみや田中れいなは思わず腰砕け状態。現メンバーたちは「可愛い!」「触りたい!」と、大騒ぎで新メンバーたちを迎え入れた。

そしてこの日、もうひとつサプライズが。高橋、新垣と同期で、先にモーニング娘。を卒業した紺野あさ美と小川麻琴が高橋の卒業を祝いに駆けつけたのだ。

花束を抱えてステージに登場した紺野は、まだモーニング娘。として活動していた頃や、加入当時の思い出を振り返りながら「ステージで歌う愛ちゃんの姿はキラキラしていて、この10年間で、たくさんの人を元気にしてきたと思います。」「この10年間の経験はずっと消えないで残るものだと思うので、この経験を胸に明日の公演を終えた後も、愛ちゃんらしく、大きく羽ばたいていってください。」と、高橋に激励の言葉を贈る。さらに小川は、「今ではモーニング娘。を引っ張るリーダー、サブリーダーとして5期メンバーがいるっていうことが、すごい誇り」と、モーニング娘。を守り続けてきた5期のふたりに感謝の言葉を述べる。高橋は涙と拭いながら、駆けつけてくれたふたりと新垣の笑顔を目にしながら、「絆ってのは消えないと思うので、これからも一緒に歩んでいきましょう。」と、笑顔で言葉を返した。

ステージで勢ぞろいした5期メンバー。そして高橋と新垣は、5期で歌った思い出の曲「好きな先輩」(『4th「いきまっしょい!」』収録)をステージで披露する。小川と紺野はオンマイクで歌うことはなかったが、高橋、新垣の姿を後ろから見守りながら、その歌声に合わせて口ずさむ。オーディエンスは、ステージ上での5期メンバー4人の再会に歓喜の声を上げ続けた。

モーニング娘。というDNAの継承、そしてグループを離れても途絶えることのない5期の絆を確認できた29日の日本武道館公演。そして翌30日、高橋愛は多くのファン、関係者、そしてともに活動してきたメンバーたちに祝福され、モーニング娘。を卒業する。

text by y.tsuji(編集部 つ)
◆モーニング娘。のコメント動画
◆ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト