「愛ちゃんは自分のことよりも、みんなのことを考えてこの10年間頑張ってきたから、明日からは、自分のために、前に進んで行ってほしいなって、心から思います。」── 新垣里沙

◆モーニング娘。画像@2011.09.30<モーニング娘。コンサートツアー2011秋 愛 BELIEVE ~高橋愛 卒業記念スペシャル~>ファイナル

モーニング娘。のコンサートツアー<モーニング娘。コンサートツアー2011秋 愛 BELIEVE ~高橋愛 卒業記念スペシャル~>最終公演が、9月30日に日本武道館にて開催された。同公演をもって、リーダーの高橋愛が、10年1ヶ月にわたるモーニング娘。から卒業。今後は女優として活動し、帝国劇場で11月27日からスタートする帝劇100周年記念公演『ダンス オブ ヴァンパイア』で、ヒロインのサラを演じる(知念里奈とダブルキャスト)。

  ◆  ◆  ◆

8500人のファンが集まった、最終日の日本武道館。入り口では、ファン有志による黄色いサイリウムの配布が行なわれている。黄色は、モーニング娘。における高橋愛のパーソナルカラー。アンコールのタイミングで、これまで、高橋が大きな愛情で多くの人たちを包み込んできたように、今度は、日本武道館のステージに立つ彼女を黄色い光で包み込んで、感謝の気持ちとともに卒業をお祝いしようという企画だ。

モーニング娘。としての10年1ヶ月、そしてリーダーとしての4年4ヶ月。誰もが、高橋愛のモーニング娘。ラストの瞬間を見守ろうと会場に足を運んでいた。開演前には、「愛 LOVE」うちわを手に明石家さんまが客席に姿を現し、コンサートスタート直前のオーディエンスのテンションを一気に高める(高橋とは、MBS『ヤングタウン土曜日』で共演)。さらに関係者席には、当日の『笑っていいとも!』に出演し、会場に足を運ぶことを語っていた後藤真希、そして吉澤ひとみ、久住小春、小川麻琴、藤本美貴、辻希美、亀井絵里といったモーニング娘。OGのメンバー、里田まい、スマイレージ、吉川友、アップアップガールズ(仮)ら同じ事務所の仲間の姿も。そのほかにも数多くの関係者らが来場し、その数は小さなライヴハウスならばいっぱいになるほどであった。

一般のオーディエンスに目を移しても、普段のモーニング娘。のコンサート以上に、女子率が高かった。九段下の駅から日本武道館に向かう途中、気づいたら自分の周りを10代、20代の女子ばかりが歩いていた。記者も含めて、そんな体験をした人も少なくないはず。モーニング娘。、そしてハロー!プロジェクト全体のリーダーとしてグループを引っ張ってきた高橋は、メンバーや先輩、後輩はもちろん、その容姿や性格、キャラクターが、広く同性からも支持を受けていた。

日本武道館は、18時の開演前から、高橋愛への愛で溢れていた。

スウィングするリズムに乗って、仮面をつけた男役の高橋に、ドレスをまとった娘役のメンバーたち。高橋が愛してやまない宝塚へのオマージュのような、エレガントなステージ。高橋のモーニング娘。デビュー曲「Mr.Moonlight ~愛のビッグバンド~」から、卒業公演の幕は上がった(余談だが、Web上では、前日に行なわれた同公演の高橋の写真をもとに、宝塚ファンの女性たちからも「卒業おめでとう!」という声が広がっていた)。

最新シングル「この地球の平和を本気で願ってるんだよ!」や、10月12日リリースのアルバム『12,スマート』からの楽曲などが披露された本編。モーニング娘。は、“いつもどおりの完成度の高いエンターテインメント”を披露する。新垣里沙の体全体でライヴを楽しんでいるダイナミックなパフォーマンスもそうだし、田中れいなや道重さゆみもキャラを存分に発揮。「事務所は推してくれないから自分で仕事を取りに行くしかない」等々、ふたりは“舌好調”で、オーディエンスを大いに笑わせる。1月に加入したばかりの9期メンバー(譜久村聖、生田衣梨奈、鞘師里保、鈴木香音)は、まるで左距骨疲労骨折で療養中の光井愛佳の穴は自分たちで埋めるんだと言わんばかりの頑張りを見せていた。

同時にその姿は、リーダー・高橋愛が、安心してモーニング娘。を卒業できるように。そんな想いすら感じられた。