日仏ハーフ3人組のロックバンド、DUSTZ(ダスツ)が、Dragon Ashの代表曲「Fantasista」をカヴァー。そのレコーディングに、Limp Bizkitのウェス・ボーランド(G)とジョン・オットー(Dr)が参加していることが明らかになった。

DUSTZは、俳優としても活躍する藤田玲(DUSTZではRay/Vo)を筆頭に、KenT(G)、Gus(B)のメンバー3人全員が日仏のハーフで、フランス語×英語×日本語の3ヵ国語を駆使した歌詞が独自の世界を作り出し大きな魅力となっている。

そんなDUSTZが、待望の1stフルアルバム『TROIS』(トロワ)を12月14日にリリース。そのアルバム収録曲として、自分たちのルーツでもあるDragon Ashが2002年に発表した名曲「Fantssita」をカヴァーすることになった。しかも、そのカヴァー・ヴァージョンのレコーディングには、Limp Bizkitのウェス・ボーランド(ギター)とジョン・オットー(ドラム)が参加。DUSTZを経由して、日米ミクスチャー・ロックバンドの“夢の共演”が実現することになった。

DUSTZにとってDragon Ashの「Fantasista」は、まさにアンセムとも言える楽曲であり、バンド結成初ライヴでも演奏した想い出のナンバーだという。その楽曲を、原点回帰の意味を込めて、発表から9年経った2011年にカヴァーすることに。また、Limp BizkitもDUSTZのメンバーが10代の頃に夢中になって聴いていた憧れのバンドであり、今回「Fantasista」をカヴァーするにあたり「このカヴァーにLimp Bizkitが参加してくれたらいいのに…」というメンバーのリクエストに、スタッフはダメ元でLimp Bizkitスタッフに連絡をとって、デモ音源を送ったところ、なんとLimpサイドがレコーディングへの参加を快諾。ギターのウェス・ボーランドとドラムのジョン・オットーが参加することになり、奇跡のセッションが実現したのだという。

レコーディングは、DUSTZサイドが送ったベーシック・トラックに、ウェス・ボーランドとジョン・オットーのプレイが追加レコーディングされ、そのトラックを最終的にDUSTZが仕上げるという手順で行なわれた。

Limp Bizkitが愛用しているL.A.のスタジオでレコーディングされたDUSTZヴァージョンの「Fantasista」は、「まさに“リンプ・サウンド”とも言える重厚な仕上がり」と関係者も大興奮な出来栄えだ。

なお、このDUSTZによる「Fantasista」のカヴァー音源は、12月1日20時から生配信されるニコニコ生放送の「電波研究社」内で初オンエアされ、同日より着うた(R)も配信される。

「電波研究社」
12月1日(木) 20時~21時(予定)
http://live.nicovideo.jp/gate/lv68746903

1st FULL ALBUM
『TROIS』
2011年12月14日発売
【通常盤】
ESCL 3799 ¥3,059(tax in)
【初回生産限定盤】CD+DVD
ESCL 3787-8 ¥3,500(tax in)

「Fantasisuta」着うた(R)
12月1日配信開始

<DUSTZ "TROIS" RELEASE PARTY 2011>
2011年12月18日(日)代官山UNIT
開場17:00/開演18:00

◆DUSTZ オフィシャルサイト
◆Twitter