第54回グラミー賞主要3部門を含む6部門でノミネートされ、世界中の様々な記録を塗り替え続けている2011年音楽業界最大の話題作となったアデル『21』だが、世界のチャートを集計するドイツのサイトMediatraffic.deの発表にて、2011年1年間のアルバムの総売り上げ枚数が1500万枚を越え、正式に2011年世界で最も売れたアルバムに認定された。

2011年アルバム総売り上げランキングTOP10
1位.アデル『21』:1530万枚
2位.レディー・ガガ『ボーン・ディス・ウェイ』:540万枚
3位.マイケル・ブーブレ『クリスマス』:520万枚
4位.ブルーノ・マーズ『ドゥー・ワップス&フーリガンズ』:400万枚
5位.リアーナ『ラウド』:340万枚
6位.コールドプレイ『マイロ・ザイロト』:330万枚
7位.アデル『19』:280万枚
8位.マムフォード・アンド・サンズ『サイ・ノー・モア』:220万枚
9位.ケイティ・ペリー『ティンエイジ・ドリーム』:210万枚
10位.ビヨンセ『4』:210万枚
11位.リル・ウェイン『Tha Carter IV』:210万枚
12位.フー・ファイターズ『Wasting Light』:200万枚
13位.ジャスティン・ビーバー『Under The Mistletoe』:200万枚
14位.ジャスティン・ビーバー『My Worlds (My World+My World 2.0)』:180万枚
15位.ピンク『Greatest Hits So Far』:180万枚
16位.レッド・ホット・チリ・ペッパーズ『I'm With You』:170万枚
17位.ブラック・アイド・ピーズ『The Beginning』:170万枚
18位.リアーナ『Talk That Talk』:170万枚
19位.ジェイソン・アルディーン『My Kinda Party』:170万枚
20位.ジェイ・Z&カニエ・ウェスト『Watch The Throne』:160万枚

アデルは『21』とあわせて、2008年リリースの『19』も7位にランクインさせており、『21』のヒットが『19』を再浮上させ、更なる勢いを増した形だ。なお、『21』の記録した1年間で1530万枚のセールスは、当サイトの集計史上アッシャー『コンフェッションズ』(2004年)の1186万7千枚を押さえ堂々の1位を記録した。2位のレディー・ガガ『ボーン・ディス・ウェイ』との差は約3倍となり、過去のチャート史上、1位と2位の差が最も付いた年となっている。CDセールス不況が囁かれる昨今の音楽業界において、異例の数字と言えるものだ。

最新の週間世界セールス・チャートでも95万7000枚/週と、いまだ爆発的に売れ続けている『21』は、2012年もその勢いはまだまだ続くことだろう。

◆アデル・オフィシャルサイト