浜崎あゆみが、2011年1月に結婚したオーストリア人俳優のマニュエル・シュワルツと離婚することをファンクラブサイトを通じて発表した。

サイトに掲載された浜崎あゆみからのコメントによると、原因は浜崎自身にあるとした上で、当初、ふたりで決めていた「アメリカで暮らす」という点について、2011年3月に発生した東日本大震災などもあり、浜崎の中に「日本を離れたくない」という気持ちが強く芽生え、アメリカでの生活を考えられなくなってしまった、とのこと。

「この結婚生活を続けていけるべく2人で幾度も話し合いましたが、身体の距離であればお互いに行き来する事で埋められると思っていたものが、気が付けば心の距離へと変わってしまっており、今一度これから先を考えてみた時に、やはりまだ、アメリカへ移住しようと思っていたあの頃の自分には戻れず‘日本で今自分に出来る事は何か’を見付ける事が私の想い描く未来となったまま、彼とのアメリカでの未来が見えなくなってしまったため、この結論へと至りました。」── 浜崎あゆみ(サイトに掲載されたコメントより)

そして2012年1月1日、ファンやメディア関係者から、結婚一周年の祝う言葉を受けた際に、「今思えば、あの時、これまで目を反らして来た、選ぶべき未来と最終的に向き合った様に思います。」と、述べている。

浜崎あゆみは、現地時間の月曜日にアメリカにて、弁護士を通じて離婚の申請を行なう。

◆浜崎あゆみ オフィシャルサイト
◆浜崎あゆみ、アメリカで入籍を発表