1月8日の第一回放送以来、近年まれに見る話題を振りまいているNHK大河ドラマ『平清盛』。ストーリーや映像への賛否両論はもちろんのこと、今年の大河の話題として大いに盛り上がっているのがその音楽だ。

世界的作曲家である吉松隆が劇判を担当し、吉松お得意の重厚なオーケストラ音楽がおしげもなく投入され作品世界を彩っているのに加えて、いまネット上で最も騒がれているトピックが「タルカス」だ。オープニングのスタッフ・クレジットに現れる、およそ大河ドラマのクレジットにはそぐわない「タルカス」というカタカナにお気づきだろうか。この「タルカス」とは、プログレッシヴ・ロックを語る上で必要不可欠なスーパー・グループ、エマーソン、レイク&パーマー(ELP)が、発表した70年代のロック史に残る最高傑作の一つである『タルカス』(1971年)に収録されたインストゥルメンタル曲である。

往年のプログレファンに熱狂的に支持された、至高の名作として知られるこの作品を、かねてより大変なプログレファンであった吉松隆が、40年の月日をかけてオーケストラ用に編曲。2010年に日本コロムビアよりリリースされ、ネット上でも大きな話題となった。

NHK大河ドラマのプロデューサーがこのオーケストラ版「タルカス」を耳にしたのがきっかけで、吉松に『平清盛』劇判へのオファーを行ったという。劇判は、吉松による書下ろしがメインであるものの、「タルカス」オーケストラ版もそのままのかたちでドラマ内でしばしば使用されている。900年前の平安時代の日本が舞台ではあるが、既存の価値観を壊し、新しい武家社会を確立したイノベーター平清盛のストーリーに、ロックの新しいかたちを提示したプログレのサウンドが見事な親和性をみせており、今年の「ひとあじ違う」大河を特徴付けている。

『平清盛』をきっかけに、ふたたび脚光を浴びることとなった「タルカス」だが、この「タルカス」のオリジナルバージョンを完全収録した日本独自企画の2枚組ベスト・アルバム『THE BEST OF ELP / タルカス~ザ・ベスト・オブ・ELP』がビクターより1月25日に発売。「タルカス」の他に、「展覧会の絵」(『展覧会の絵』アナログ盤のB面部分)や「悪の教典#9」(『恐怖の頭脳改革』収録)といった全盛期の大曲を収録し、話題の高音質K2HDマスタリング+HQCDを採用している。

また、大河ドラマのスタート後からのネット内外での話題沸騰をふまえ、大河で使用されているオーケストラ版「タルカス」の着うた(R)&着うたフル(R)を2月5日からモバイルコロムビア、レコチョクより配信される予定だ。

2012年は「タルカス」旋風が吹き荒れる一年となりそうだ。

エマーソン、レイク&パーマー『タルカス~ザ・ベスト・オブ・ELP』
2012年1月25日発売
VICP-75048~75049/CD2枚組/\3,500 (tax in)

エマーソン、レイク&パーマー『タルカス+1』
発売中
VICP-70149/ボーナス・トラック1曲収録/\2,625(tax in)

『TARKUS~クラシック meets ロック』
発売中/COCQ-84832/\2,520(tax in)

【配信情報】
※ELPオリジナル版「タルカス」配信中
主要携帯配信サイトでの着うた(R)、着うた(R)、呼び出し音、スマートフォン、PCで配信中
■レコチョク(携帯/Android) http://recochoku.jp/
■ iTunes Store http://itunes.apple.com/jp/album/tarkus/id109321903
※2月5日(日)よりオーケストラ版『タルカス』配信決定
モバイルコロムビア、レコチョク、Mora touchは2月5日より配信開始。その他主要携帯配信サイトでの着うた(R)、着うた(R)、呼び出し音、そして、スマートフォン配信、PC配信は2月15日(水)スタート。
<携帯/スマートフォン>
■モバイルコロムビア(携帯) http://columbia.jp/mobile/index_f.html
■レコチョク(携帯/Android) http://recochoku.jp/
■Mora touch (Android) http://mora.jp/moratouch/
<PC>
■ iTunes Store http://www.apple.com/jp/itunes/
■ Mora http://mora.jp/
■ Listen Japan http://www.listen.co.jp/store/

◆ビクターエンタテインメント
◆日本コロムビア