またひとつ、素敵なバンドがなくなってしまった。GO!GO!7188、解散である。

◆GO!GO!7188画像

2月10日、オフィシャルサイトで発表された全文は以下の通り。ユウ(中島優美)の脱退が直接的な解散の引き金だが、「このバンドにおける自分の役割に限界を感じ…」とその苦悩を述べている。最後を飾るライブも行われス気配はなく、さびしい限りだが、バンドは生もの。その思いをそっと受け取るだけだ。

   ◆   ◆   ◆

ファンの皆様並びに関係者の皆様へ大切なお知らせ
いつもGO!GO!7188を応援して頂きまして誠にありがとうございます。
皆様に大切なお知らせがございます。

この度、GO!GO!7188はギターボーカルの中島優美の脱退につき、解散することとなりました。
皆様には今までバンドを支えて頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。
本来ならば最後にライブを行い、直接皆様にご報告及び感謝の気持ちをお伝えするべき事ですが、
この様な形でのご報告になりました事をこの場をお借りしてお詫び申し上げます。

2012年2月10日

GO!GO!7188 メンバー 一同

ユウ(中島優美)Guitar & Vocal

バンドとしては、まだまだ成長過程だったと思いますが、私はこのバンドにおける自分の役割に限界を感じ、日に日にその思いが強まって、これ以上GO!GO!としてステージに立ってはいけない、と感じたことが今回の決断の理由です。
私が無理をして続けることこそ全ての人への裏切りであると思ったから、そうせざるをえませんでした。
一つのものを皆で作り上げることは簡単ではないですが、言わば「遊び」の延長のようなことも、真剣に思考錯誤しながらたくさんの大人達が奮闘している、そんなふうにさせる「音楽」というものに携わっていられることが私にとって最高の幸せだと常に感じています。
そして、そんな世界に私を導いてくれ、沢山の感動を分かち合い、私の原動力になってくれたメンバー、そして支えてくれたスタッフ、応援してくれた全てのヴライアン、関わってくれた全ての皆様とはかけがえのない関係性が芽生えたし、感謝してもし足りないです。
これまで、私達が産み出した物、最後のライブに至るまで、嘘偽りなく、私はGO!GO!7188として誇りを持って全身全霊を注いだつもりです。
なので、GO!GO!の音楽が色褪せることなく、これからも皆さんの中で生き続けて欲しいと願っています。
そしてこれからのメンバー3人を変わらず見守っていただけると嬉しいです。

アッコ(野間亜紀子)Bass & Vocal

バラバラな3人がひとつの場所に向かって走ってゆく、それがGO!GO!7188でした。
でももうそれができなくなってしまいました。
久しぶりに3人で集まって話しをして、その事を確信したので解散を決めました。

ライヴバンドになりたくて、それを一番大事に考えてやってきて、最後にライヴができないのは心残りではありますが、それも含めて3人で話して決めたことです。
GO!GO!7188をやっていたから感じれた幸せと孤独、出会えた人、今しか味わえないもの、おいしいものをたくさんたくさんたくさん食べることができました。
ゆうちゃんとターキー、関わってくれたたくさんのスタッフ、そして何よりヴライアン達にたくさんの感謝!!!です。

これからもGO!GO!7188の残した楽曲達がたくさんの人に愛してもらえますように。

12年間ほんとにありがとう!!
ブサイクは永遠に不滅です!

ベース☆アッコ

ターキー Drums & Vocal

これまで支えてくれたファンの皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。
GO!GO!7188のドラマーとして活動出来たからこそ、今があると思います。
数えきれない程の、いろんな経験をさせていただきました。
この経験を生かし、前に進みたいと思います。
GO!GO!7188と言うバンドは、最高にイカした3ピースバンドだったと確信しています。
またどこかで、雄叫びを上げながらドラムをぶっ叩くぜ!!