現在77歳のレナード・コーエンの新作『オールド・アイディア』が海外で発売され、各国チャートを席巻している。なんと16カ国もの国々でiTunes、Amazon、アルバムチャートといった音楽チャート1位を記録しているのだ。現在1位の記録を叩き出しているのは、アメリカ、イギリス、カナダ、スペイン、フランス、イタリア、スイス、ノルウェイ、ベルギー、オランダ、ニュージーランド、クロアチア、ハンガリー、ポーランド、チェコ、フィンランドである。

◆レナード・コーエン画像

全米アルバムチャートでは初登場3位を記録しており、77歳にして多くの若手強豪を押しのけてのこの順位は驚異的でもある。全英アルバムチャートでは2位を記録し、なんと1969以来最高のチャートをマークしたという。ベルギーでは史上最高年齢の1位を獲得し、ドイツ、アイルランドでも彼の40年を超える音楽活動の中での最高チャート位置を記録。

記録はまだまだ伸びそうな気配であり、「レナード史上最高の名作」との呼び声はますます高まっている。日本盤は2月22日の発売となるが、日本でもぜひ注目してもらいたいものだ。

また、『オールド・アイディア』の発売を記念して、若手アーティストたちがお気に入りのレナード楽曲をカヴァーするというスタジオ・セッション映像企画<Old Ideas With New Friends>が海外でスタートしている。第1弾としてNYのインディ・ポップ・デュオ、カルツが「Everybody Knows」を、第2弾としてザ・マウンテン・ゴーツが「The Smokey Life」を、今後ディアハンター/アトラス・サウンドのブラッドフォード・コックスや、ニュー・ポルノグラファーズのA.C.ニューマンらのカヴァーが公開されるという。英音楽誌MOJOはレナード・コーエンを大特集し、本誌に若手のアーティストによるレナードのカバーCD(全15曲入)を付属させるという。

次代は変わり音楽のトレンドも移り変われど、レナード・コーエンの魅力には普遍の摂理が宿っているようだ。レナードの歌詞や音楽は人々を魅了し続け、むしろその影響力は増すばかりである。


『オールド・アイディア』
2012年2月22日発売
¥2,520(税込)
※歌詞対訳付

photo by Dominique Issermann

◆レナード・コーエン・オフィシャルサイト