Billboardが2009年からスタートさせた音楽の祭典<Billboard JAPAN Music Awards>。2011年度の各賞が発表された。2011年に最も活躍したアーティストに贈られる「Artist of the Year 2011」はAKB48が獲得。さらにAKB48は、同賞を含めて史上初の4冠を達成した。

◆AKB48、水樹奈々ら受賞者の画像@<Billboard JAPAN Music Awards 2011>

3月3日にTXN系列にて放送された<Billboard JAPAN Music Awards 2011>授賞式には、AKB48をはじめ、2年連続受賞の水樹奈々、ヒップホップ勢では初となる受賞を2部門で果たしたAK-69、クラシック界のみならず多方面から注目を集めるヴァイオリニストの宮本笑里、精力的なライヴ活動が評価されて初受賞となったBIGMAMAら受賞アーティストが音楽ジャンルの垣根を越えて登場。また、K-POP界からもT-ARA、GUMMYの2アーティストが受賞。この日のためだけのライヴを披露した。

受賞アーティスト、受賞コメントは以下のとおり。

  ◆  ◆  ◆

■ AKB48
(Billboard JAPAN Artist of the Year 2011 / Billboard JAPAN Top Pop Artists 2011 / Billboard JAPAN Hot 100 of the Year 2011 / Billboard JAPAN Hot 100 Single Sales of the Year 2011)
4つの賞を獲得するのは史上初の快挙ということで「私たちでいいのかな?」という気持ちと「本当に光栄だな」という気持ちでいっぱいです。この結果に相応しいグループになれるよう、もっともっと頑張っていきたいと思っています。

■ T-ARA
(Billboard JAPAN Top Pop Artists 2011)
2011年はT-ARAにとって特別な年でした。日本進出だけでも感動的だったんですが、1stシングル「Bo peep Bo peep」では1位を獲ることができましたし、このような素晴らしい賞まで頂くことができて、本当に感謝しています。ありがとうございました。

■ 宮本笑里
(Billboard JAPAN Classical Artist of the Year 2011)
自分がこのような賞を頂けるとは思っていなかったので、本当に嬉しく思っています。今後も引き続き、クラシックは敷居が高いと思っている方にも身近に感じて頂けるように、クラシック音楽の幅を広げていきたいなと思っています。

■ AK-69
(Billboard JAPAN Independent Artist of the Year 2011 / Billboard JAPAN Independent of the Year 2011)
正当な評価をしてもらえる場所が少ない日本の音楽シーンで、“真実”をちゃんと“事実”として取り上げてくれる Billboardみたいなところがあって良かったなと思います。あと、とにかく日本のヒップホップシーンは本場のUSに比べたらまだまだ小さいので、それをもっと大きくしていく為の突破口を広げていけたらなと。その役目が俺だったら俺がやらなきゃいけないと思っています。

■ 水樹奈々
(Billboard JAPAN Animation Artist of the Year 2011)
とても嬉しいです。Billboard JAPAN Music Awardsにアニメーションの賞があること自体、声優として活動している私にとってはすごく有り難いですし、その賞を頂けたのはすごく嬉しいです。

■ BIGMAMA
(Billboard JAPAN Active Artist of the Year 2011 presented by Daiwa House)
1年間頑張ってライヴをし続けてきただけなんですけど、それを誰かが観ていてくれて、結果として表彰して頂けるのは 本当にラッキー。棚からぼたもち以上の気分で、すごく身に余る想いです。頑張っていれば良いことがある。またひとつ素敵な思い出が増えました

■ GUMMY
Billboard JAPAN K-Pop New Artist of the Year 2011
本当に嬉しいです! このような素晴らしい賞を頂けて光栄です。日本でももっと有名な歌手になれるよう頑張って、私が 表現したい歌を皆さんに伝えていけるようになりたいと思っています。心を込めて歌っていきます!

  ◆  ◆  ◆

なお、Billboard JAPAN New Artist of the Year 2011(新人賞)には、薫と友樹、たまにムック。の「マル・マル・モリ・モリ!」が、米国ビルボードが選定する世界的な活躍が認められたアーティストに贈られるBillboard JAPAN US Billboard Publisher's Award 2011(米国ビルボード特別賞)には、由紀さおりが選出された。

◆ビルボードジャパン
◆BARKSかわいこちゃんねる(可愛い娘のじょうほうまとめ)
◆BARKSアジアンアーティストチャンネル
◆ビルボード・デイリー・ニュース

【各アーティストのライヴパフォーマンスの画像】
◆AKB48 / ◆水樹奈々 / ◆T-ARA / ◆AK-69 / ◆GUMMY / ◆宮本笑里 / ◆BIGMAMA