2月29日にメジャーデビュー15周年&移籍第一弾シングル「静脈」をリリースしたPlastic Tree。ドラムの佐藤ケンケンが急性肝炎のため緊急入院したことが先日発表されたが、3月15日からスタートする彼らの春ツアー<青の運命線>について、佐藤の出演キャンセルがオフィシャルから発表となった。

◆「静脈」ジャケット写真、ミュージックビデオ

以下、オフィシャルサイトでの発表。

  ◆  ◆  ◆

■ 春ツアー公演のお知らせ ■

Plastic Tree 2012春ツアー「青の運命線」において、Dr佐藤ケンケンが兼ねてより発表致しました通り急性肝炎にて入院しております。
精密検査の結果、大事に至らないまでも二週間の入院と安静を要すとの診断をされました。本人は強く復帰を望んでおりますが診察結果をふまえしばらくの間は佐藤ケンケンの出演を見合わせて頂く運びとなりました。
しかし、春ツアー公演を楽しみにして頂いるファンの皆様のご期待に応えるべくメンバーと協議の結果、Plastic Treeの友人のサポートドラムを入れた形で予定通り開催させて頂く運びとなりました。
チケットをお買い求め頂いた皆様、公演を楽しみにされていたファンの皆様には、多大なるご迷惑とご心配をお掛け致しますことを深くお詫び申し上げます。

また、この度の決定についてプラスティックトゥリーメンバーより、メッセージがございます。


<メンバーより>
この度の佐藤ケンケン入院に際し、皆様に多大なご心配をおかけしてしまい、誠に申し訳ありません。心よりお詫びいたします。
今回のツアー「青の運命線」はサポートメンバーを迎え、予定通り行わせて頂く事となりました。
メンバー一同、佐藤ケンケンを含めた4人でプラスティックトゥリーという存在であると捉えているのはもちろんです。それ故に、この決断に至るまで、メンバーとしても大変悩み、苦慮しました。
しかし今は閉塞感を感じる事なく、前に進んで行く事が彼が元気に戻ってきた時のために、プラスティックトゥリーのために、最善策だと考えた上での判断です。
ファンの皆さんにとって、また我々プラスティックトゥリーにとって、彼の不在は本当に寂しい事に他なりませんが、佐藤ケンケンの心は一緒に旅へ連れて行きます。

それをどうかツアーの各会場で、音の中で、皆様に感じ取って頂けたらメンバー一同、こんなに嬉しい事はありません。

また枯れない樹の下で。
みんなで会える事を願っています。

Plastic Tree
有村 竜太朗
長谷川 正
佐藤 ケンケン
ナカヤマ アキラ

◆Plastic Tree オフィシャルサイト
◆BARKS ヴィジュアル系チャンネル