1972年6月5日、「魔法の黄色い靴」でメジャーデビューした、財津和夫、姫野達也、安部俊幸、上田雅利、宮城伸一郎の5人からなる・TULIP(チューリップ)。2012年にデビュー40周年を迎える彼らのアニバーサリー作品3作リリースと、約5年ぶりのツアーが決定した。

まず3月21日にリリースされるのが、財津和夫の作品集『財津和夫ワークス~40周年を記念して~』。4月初旬には、財津が自身の人生観や音楽観を語った、本作とも連動した書籍「私のいらない~心の旅の今~」(廣済堂出版)の発売も決定しており、アルバムと合わせて不安な現代を生きる人々に寄り添うメッセージを届ける。

続く第2弾は、5月23日にリリースとなる、TULIPオリジナルメンバーである安部俊幸と姫野達也の初ベスト作品集『THE BEST SONGS OF ABE&HIMENO』。そして第3弾は、TULIPのデビューから現在に至るまでのすべてのシングル曲を網羅した記念作品。こちらは6月6日(店着日は彼らのデビュー記念日である6月5日)、3枚組CDとして発売される。

さらにファンにはビッグニュースとして、今年の秋に、TULIPデビュー40周年を記念してメンバーが再集結。9月7日、埼玉県川口総合文化センター・リリアホールを皮切りに、約5年ぶりとなる大規模全国ツアー<TULIP “THE LIVE” 40th memorial tour>開催が決定した。

ツアー決定に際して、メンバーが喜びのコメントを発表している。

  ◆  ◆  ◆

■ 財津和夫
またステージができるんだ!
時間の魔法はいろんな不思議を生み出してくれる。
こんなにTULIPを素直に愛せるようになるなんて。
40年前は想いもしなかったです。

■ 姫野達也
1972年、20才の時レコーディングの為に上京した。
あれから40年もの間音楽に携わっていられるとは何て幸せなことだろう。
僕らの音楽を支持してくれた皆さんと一緒に思いっきり
幸せな時間を分かち合いたいと思います。

■ 安部俊幸
今もなお皆さんに愛していただける、
全国ツアーをやらせて頂ける音楽グループTULIP。
その一員である自分、なんて幸せなんでしょう。感謝をしています。

■ 上田雅利
まさかの40周年を迎えようとしています。
デビュー当時の21歳の自分に教えてあげたい。
信じられない程長い間愛されているバンドの乗組員だと言う事を。
全国で僕等を待つ人達が、今もいて頂ける幸せを力に変えて、頑張るつもりです。

■ 宮城伸一郎
二十歳の時の夢はギターの似合うオヤジになることでした。
TULIP40周年では、その夢の実現を、
お客さんの前でかみ締めたいと思います。

  ◆  ◆  ◆

なお、ツアー詳細は今後、オフィシャルサイトで発表されていく。

◆財津和夫 レーベルオフィシャルサイト