元スマッシング・パンプキンズのギタリストとして知られるジェームス・イハの14年ぶりの新作からの先行シングル「ティル・ネクスト・チューズデイ」が、チャートイン3週目にしてエアプレイ・チャートにて今週5位を記録した。

遂にBillboard JAPAN HOT 100でトップ20入り、今週16位を記録。この曲が収録されている3/14リリースの『ルック・トゥ・ザ・スカイ』には、ヤー・ヤー・ヤーズのカレン・Oやニック・ジナー、スマッシング・パンプキンズ時代から交流が続くヴォーカルのニーナ・パーションなどもゲスト参加しており、日本盤にはボーナス・トラック2曲も収録されている。

2月には、EMIミュージック・ジャパンが主催するロック・イベント<EMI ROCKS 2012>に初の海外アーティストとして出演し、シンプルなアコースティック・セットでもファンを唸らせたイハだけに、バンド・セットでの出演が予定されている7月のフジ・ロック・フェスティヴァルでのパフォーマンスにも期待したい。

◆ニュース提供:ビルボード
◆BARKSビルボード・デイリーニュース・チャンネル