5月3日に放送となるフジテレビ系ドラマ『カエルの王女さま』第4話の撮影現場を陣中見舞いした家入レオ。この時、主演の天海祐希と撮った2ショット写真が公開された。

◆家入レオ アーティスト画像

ドラマ初回放送の前日となる4月11日に、主題歌を担当する家入の希望で実現したドラマ撮影現場への訪問。この日は、天海率いる“シャンソンズ”の面々が、山口百恵の往年の大ヒット曲「ロックンロールウィドウ」「プレイバックパート2」などを熱唱する第4話の撮影中。家入にとって、天海をはじめとする出演者たちによる“歌の力”を実感する夢のような時間となった。


座右の銘が「凛として 花一輪」という家入レオ。そんな彼女にとって理想とする女性像は“凛とした女性”であり、その理想のイメージ像が天海祐希だったという。その憧れの人が演じるドラマの主題歌を担当し、撮影現場を訪問することができただけでも感無量の中、天海本人から「『Shine』は、ドラマのワンシーン・ワンシーンにぴったりな曲。素敵な曲を本当にありがとう。頑張ってね。」と言葉をかけられたという。そして、憧れの人の横で、素の17歳の女の子に戻って、緊張の面持ちのままの記念の2ショット撮影となったそうだ。

また、すでに放送されたドラマ第1話から第3話の中でシャンソンズによって歌唱された名曲たちへの話題も沸騰中。歌唱された楽曲をドラマ放送直後にYouTubeで動画配信しているフジテレビによると、第一話で天海祐希が迫力の大熱唱を見せた「あの鐘を鳴らすのはあなた」のYouTubeでの再生回数は、放送直後に約15万回という数字を記録。現在は19万回に届きそうな勢いとなっている。さらに、シャンソンズが歌った楽曲の配信も好調で、今回のドラマだから実現した、混声コーラスによるスペシャルな音源(「風になりたい」「浪漫飛行」「終わらない歌」など)はiTunesはじめ各楽曲配信サイトにて配信中だ。

そんな中、シャンソンズ・オーディション・イベント<ショークワイア・コンテスト>の決勝大会が、6月3日に開催決定。会場は、東京・お台場の新スポット「ダイバーシティ東京プラザ」だ。このコンテストには、ドラマ出演者が審査委員として参加するほか、家入レオも特別ゲストとして参加。当日はオーディション・イベントの課題曲にもなっているドラマ主題歌「Shine」を生披露することも決定している。なお、オーディションは5月10日まで受付中。

また、オーディション・イベントの課題曲になっている家入レオ「Shine」は、ドラマ放送にあわせて先行スタートした着うた(R)配信でレコチョク着うた(R)週間4位を記録。5月2日よりいよいよ着うたフル(R)がレコチョクにて独占配信がスタートしている。



◆iTunes Store シャンソンズの配信楽曲(※iTunesが開きます)
◆家入レオ オフィシャルサイト