ビースティ・ボーイズのMCAことアダム・ヤウクが、現地時間の5月4日朝、故郷のニューヨークで亡くなった。享年47歳。約3年前から患っていた癌のため。

アダムは2009年7月に、左耳に悪性の耳下線腫瘍が見つかり、即、摘出。手術は成功し、その後は、インドで治療を受けるなど療養生活を送っていた。完治には至っていないものの、経過は順調とみられていた。

しかし、2012年にビースティ・ボーイズがロックの殿堂入りをはたした際、アダムは、健康上の理由から4月14日に行なわれたセレモニーを欠席していた。

現在、海外公式サイトではアダム・ヤウクに関する発表が掲げられており(記事掲載画像)、またTwitterには、彼の早すぎる死を悼む声が殺到している。

◆BARKS洋楽チャンネル
◆ビースティ・ボーイズ 公式サイト