全世界のポップス界を変えるとどえらい注目を集める19歳のコナー・メイナードが、ついにアルバム『コントラスト』で7月30日にデビューを飾る。

◆「Vegas Girl」「Can't Say No」PV映像

1992年、英国南部ブライトン出身のコナー・メイナードは、もともと音楽を作るのが好きだった少年だった。2008年からアッシャーやドレイク、キングス・オブ・レオン、ブルーノ・マーズといった自分の好きな曲をカヴァーしてYouTubeにアップしはじめ、話題となったのがすべての始まりだ。アッシャー「OMG」をきっかけにアクセス数が上昇し、NE-YO「Beautiful Monster」が本人の目に留まり、彼から直接ビデオ電話をもらうことになった。

ファレル・ウィリアムスも「こいつはポップ・ミュージックのすべてを変える」と語り、クリス・ブラウンも「こいつをチェックしてくれ…圧倒させられたよ」とツイート、超大物たちからも注目を集めるようになっていったのだ。実際のところ、NE-YOとファレルがコナー・メイナードの契約に興味を示し、結果的にデビュー・アルバム『コントラスト/CONTRAST』の制作でコラボを果たしている。

先日、日本でも配信開始となったデビュー・シングル「キャント・セイ・ノー」はUKチャート初登場2位というスマッシュヒットを記録、続くセカンド・シングル「ヴェガス・ガール」は7月23日にPC配信がスタートされる。

デビューアルバムには、ファレル・ウィリアムス、ジェシー・J「Do It Like A Dude」やDJフレッシュ「Hot Right Now」のヒットの立役者達インヴィジブル・メンがプロデューサーとして名を連ね、NE-YO、リタ・オラが参加している。アルバム制作にも既にコナー自身が共作で関わっており、高いクリエイティビティの才能を放っている。

Youtubeの再生回数は9000万ビューを超え、39万人以上のTwitterフォロワーを持ちfacebookでは47万「いいね!」と言われ、アルバム・デビュー前から「誰だ?コイツ」と話題をさらっていたコナー・メイナード。その魅力は、デビュー・アルバム『CONTRAST』(輸入盤)として7月30日に日本上陸を果たす。



コナー・メイナード『コントラスト/CONTRAST』輸入盤
2012年7月30日リリース
1.アニマル/Animal
2.ターン・アラウンド (feat. NE-YO)/Turn Around (feat. NE-YO)
3.ヴェガス・ガール/Vegas Girl
4.キャント・セイ・ノー/Can't Say No
5.リフト・オフ(feat.ファレル) / Lift Off(feat. Pharell)
6.メリー・ゴーランド/Mary Go Round
7.テイク・オフ/Take Off
8.ベター・ザン・ユー(feat. リタ・オラ)/Better Than You (feat. Rita Ora)
9.アナザー・ワン/Another One
10.ピクチャーズ/Pictures
11.グラス・ガール/Glass Girl
12.ジャスト・イン・ケース/Just In Case

ファースト・シングル「キャント・セイ・ノー」
PC/スマホ配信サイト、着うた(R) 着うたフル(R) 着うたフルプラス RBT 配信中

セカンド・シングル「ヴェガス・ガール」
PC/スマホ配信サイト 2012年7月23日配信スタート

◆コナー・メイナード・オフィシャルサイト