9nineの川島海荷が綾波レイに、村田寛奈がアスカに変身、その姿を撮影した写真が写真展で公開されることが発表された。

◆川島海荷(綾波レイ)&村田寛奈(アスカ)画像

これは、8月1日(水)~6日(月)東京・西武池袋本店、8月15日(水)~21日(火)大阪・大丸心斎橋店において開催されるコンセプト写真展「J:COM presentsエヴァンゲリオン×美少女写真展-Girls Collection of EVANGELION-」でのこと。約30人の美少女たちが総登場する写真展で、その名の通り「エヴァ」と「美少女」をキーワードに、美少女アイドル&モデルがエヴァンゲリオンとコラボレーションしたコンセプト写真展だ。

「作品中の風景を現実として表現したら」「あのアイドルがもしエヴァの世界(第3新東京市)の住人だったら」というif世界のイメージ写真や、アートな表現、エヴァファッション等々、「エヴァ」の世界を現実の美少女たちと融合させ、切り撮られた貴重な写真の数々が繰り広げられる。レイ、アスカ、マリ、それとも…あなたの想う美少女は『エヴァンゲリオン』の世界の中でどんな姿を見せるのか…。

そんな中で、色白で赤目、青色の髪の少女、寡黙で無表情な綾波レイを、プライドが高く勝気で負けず嫌いなアスカを、それぞれどう表現したのか…、是非ご注目を。

──綾波レイ、アスカへの変身と聞いてどう思いましたか?

川島海荷:綾波レイはとーっても人気なキャラクターであり、お話を聞いたときはプレッシャーや不安が大きかったです。しかも青髪ですし、コスプレもほぼ初めてだったので、新鮮な気持ちでした!文化祭とかでは真似している学生を見たこともあったし、イメージトレーニングしてから撮影に望みました!しかし思ってた以上に本格的で、衣装の生地とかもしっかりしていたのでビックリしました!聞くと、コスプレの中の本物らしいので、とても貴重な経験をさせていただきました!

村田寛奈:嬉しいという気持ちが一番にでてきました。めっちゃロングの髪で茶髪似合うかなーとか色々想像しちゃいました。

──エヴァンゲリオンの印象は?

川島海荷:少年の夢が詰まっているイメージです!現実にはない世界観ですが、自分も体感しているような気分にさせられます。しかも宇宙というのは無限大でとても妄想しちゃいますね♪

村田寛奈:めっちゃかっこいい!あと制服がオシャレだなと思いました。

──それぞれ変身した心境は?

川島海荷:綾波レイは人間っぽくない、無表情な感じなのでそれを表現しました。クローン人間という裏設定もあるみたいなので、写真撮影のときはあまり喋りすぎず、雰囲気作りを心掛けました。

村田寛奈:すごく嬉しかったです。アスカみたいに私は強くないけど、アスカになれると思うとついにやけちゃって(笑)撮影するのがほんまに楽しみになりました。

──撮影にはどんな想いで臨みましたか?

川島海荷:とにかく緊張して、もう呼吸を忘れそうでした!衣装を脱いでウィッグを取るまでは緊張感が続いてました!

村田寛奈:今回の撮影は村田寛奈じゃなくてアスカになりきりました。アスカは気の強い子なので気が強い女の子になって撮影しました。

──気に入っているポイントは

川島海荷:青髪が予想以上に似合っていたと褒められたので、やはりウィッグかなぁ( *`ω´) 多分もうこんな珍しい髪には出来ないと思いますし。

村田寛奈:スーツは全身つながっていてその上から被り物をつけたりするんですけど、胸元につけていたものがかっこよくて素敵でした。

──撮影終えた感想は

川島海荷:撮り終わって良かったです。色んな方のこだわりが詰まった写真ばかりだとおもいます!スタッフのみなさんのエヴァ愛に感動しました!そして負けないように頑張りました。本当にエヴァの世界が現実にあったら…そんなことを想像しながらみて欲しいです。写真からエヴァの世界に入り込んでほしいと思います。

村田寛奈:色んなシチュエーションで色んな表情をして撮影したのでどんな仕上がりになるか楽しみです。スーツの姿をまずみて欲しいです。アニメと全く同じスーツなので小道具とかもみて欲しいです。

──最後にメッセージを。

川島海荷:スタッフの皆さんのこだわりが詰まった作品ばかりです。最新の技術も使われていると思いますし、エヴァの世界を現実にしてみました。この作品たちをみて、見ている方にもエヴァの世界に入り込んでもらいたいなと思います。

村田寛奈:スーツ姿や制服姿など色んな衣装を着せていただきました。また普段とは全然違った自分だとおもうのでぜひみてください。

   ◆   ◆   ◆

●ヘアメイクコメント
綾波レイ役、川島海荷さんですが、レイの持っている、透明感を出せる様にメイクしました。本来の海荷さんの持っている肌の透明感を生かして、肌作りしました。ブルーのウイッグも、とても似合ったので、役作りしやすかったです。アスカに関しては、特徴的なウイッグを村田さんの顔に合わせる様に、長さ、 ニュアンスを、カットで合わせる所をこだわりました。アニメ特有のパッチリ目だったり肌の作り方をこだわってます。そして、二人とも役に入ってポージングしてくれているので、すごく、仕上げや すかったですし、仕上がりが楽しみです。

●スタイリストコメント
川島さん(レイ)
撮影時の一番のこだわりとしては、綾波レイが持っている全体的に漂うムード、空気感みたいなものの表現です。衣裳の着方としては、やや力を抜いた着くずし感でしょうか。かすかに微笑んでる表情の中にも、無機質さや孤独、瞳の強さなど、綾波レイ特有のはかない透明感みたいなものを川島さんは、とても上手に演じていらっしゃったと思います。
村田さん(アスカ)
撮影時のこだわりとしては、アスカの元気で勝ち気な雰囲気づくりです。村田さんは、とても元気でパワフルな方。アスカ役も元気一杯演じてくださいました。負けん気強い表情づくりもとても上手でした。

(C)カラー

「J:COM presents エヴァンゲリオン×美少女写真展―Girls Collection of EVANGELION―」
出演:川島海荷、村田寛奈、9nine(佐武宇綺、村田寛奈、吉井香奈恵、川島海荷、西脇彩華)、加藤夏希、トリンドル玲奈 他
主催:ジュピターテレコム(J:COM)、ムービックプロモートサービス
協力:グラウンドワークス、ムービック、西武池袋本店、大丸心斎橋店
東京 8月1日(水)~6日(月)西武池袋本店 7階催事場
午前10時~午後9時(日曜は午後8時、最終日は午後6時閉場)
大阪 8月15日(水)~21日(火)大丸心斎橋店 北館14階
午前10時~午後8時(最終日は午後6時閉場)
※いずれの会場も入場は閉場の30分前までとなります。特製エコバッグ付入場券は数量限定となります。上限に達し次第販売終了となります。
入場料:
一般(中学生以上)800円/小人(小学生)600円 ※未就学児入場無料
<特製エコバッグ付入場券>
一般(中学生以上)1,800円/小人(小学生)1,600円
※表示価格は税込で。特製エコバッグ付入場券のエコバッグは入場時のお渡し。特製エコバッグ付入場券は数量限定となります。上限に達し次第販売終了となります。
チケット:7/7(土)より各プレイガイド他にて販売

◆エヴァンゲリオン×美少女写真展公式サイト
◆9nineオフィシャルファンクラブ