第一興商の通信カラオケDAMシリーズから、「2012年 年間カラオケリクエストランキング」が発表された。楽曲ランキングはAKB48が2連覇、アーティストランキングではEXILEが1位奪還という、相変わらずの強さを見せつける結果となったようだ。

◆「2012年 年間カラオケリクエストランキング」表

十八番を必ず歌ってしまうこともあり、一度根強い人気を獲得するとカラオケでは長年にわたりランキングを席巻する傾向が強くなる。もはや日本POPSのスタンダードとして、AKB48とEXILEの作品は日本中に染み込んでいるということのようだ。

一方で、もちろんその年に目覚ましい活躍を見せたアーティストが急激にランキングを上昇してくることも珍しくない。ゴールデンボンバーなどは、その筆頭だ。

楽曲別ランキングでは、1位「ヘビーローテーション」(AKB48)、2位「栄光の架橋」(ゆず)、そして、3位「女々しくて」(ゴールデンボンバー)という結果となっている。1位のAKB48「ヘビーローテーション」は、2年連続首位を獲得することとなった。2位に急浮上した、ゆず「栄光の架橋」はオリンピック効果で再び注目されたと思われるもの。オリンピックと言えば「栄光の架橋」、「栄光の架橋」と言えばオリンピックだものね。そして特筆は、CMソング起用をきっかけに注目され、カラオケでも振り付けを真似して大勢で歌う曲として人気を集めたゴールデンボンバー「女々しくて」だ。上位2曲に迫る勢いを見せていたようだ。

また、根強い人気の39位「会いたかった」(AKB48)や46位「マル・マル・モリ・モリ!」(薫と友樹、たまにムック。)、かわいらしい振り付けが話題になった44位「つけまつける」(きゃりーぱみゅぱみゅ)、テレビ番組でのパロディーも人気を集めた48位「Gee」(少女時代)など、歌って踊れる曲でカラオケを楽しむ傾向が多く見られるのも近年の特徴だ。

アーティスト別ランキングでは、2位:AKB48、3位:Mr.Childrenを抑えてEXILEが1位に返り咲いた。EXILEは2012年1月1日に発表したアルバム『EXILE JAPAN/Solo』がグループ並びに男性アーティスト史上初の10年連続アルバム首位を獲得し、カラオケにおいても人気を不動のものとしている。惜しくもアーティスト別ランキング2年連続首位を逃したAKB48も、引き続き人気を博している。なお、2012年にデビュー20周年を迎え、映画『僕等がいた』主題歌として書き下ろした楽曲を3年半ぶりのシングルとして発表したMr.Childrenは、2011年の6位からランクアップしてトップ3入りを果たすこととなった。

なお、CSデジタルラジオ「スターデジオ」(スカパー!プレミアムサービスCh.400)にて、このランキングの特集番組が12月5日(水)~7日(金)22:00-23:00に放送となる。こちらもお楽しみに。